思い出に残るイタリアの旅、ご案内します。~詳しくはこちらをクリック

時代ごとの建築様式、移り変わりが楽しい!教会の「顔」、ファサードに大注目!

サント・スピリト聖堂

フィレンツェは、実は2000年以上の長い歴史を持つ街。

カトリックの総本山バチカンがあるイタリアですから、角を曲がるごとに教会があるといっても過言ではありません。

Azu
Azu

京都でも「石を投げたら寺か神社にぶつかる」て言いますよね~

教会の“”の部分のことを、「ファサード(伊:facciataファッチャータ」と呼びます。

普通、教会は最初に本体部分が建設され、最後にファサード部分をつけることが多いです。

Azu
Azu

例外はボローニャのサン・ペトローニオ大聖堂、こちらはファサード側から建築が開始された珍しい教会です

ボローニャのサン・ペトローニオ大聖堂

フィレンツェの長い歴史の中で作られてきた色々なファサード、時代ごとに建築様式にも流行があり、いまも個性的な外観で美しい街並みに花を添えています。

今回のナビゲーターはガイド学校時代の同級生・建築学科卒のダニエラちゃんです♪

ピサ出身のダニエラ
ピサ出身のダニエラ

建築大好き!建築のことならおまかせ!の、ピサ出身ダニエラです!よろしくね~!

サンティ・アポストリ教会【ロマネスク様式】11世紀

サンティ・アポストリ教会ファサード

この教会は小さくてさりげないながらも、昔から人々の生活に溶け込んできた教会。

一度も大聖堂になったことがないにも関わらず、「フィレンツェの古いドゥオモ」というニックネームがつけられるほど、フィレンツェ人に愛されています。

ピサ出身のダニエラ
ピサ出身のダニエラ

ここは外観・内装ともに素朴な、典型的なロマネスク様式
ロマネスク様式の特徴はこんな感じ!

  • 装飾が少ない質素ながら重厚感がある見た目
  • 窓は少なく小さめで光はあまりたくさん内部に取り込まない

ちなみに、この教会は映画「冷静と情熱のあいだ」で、最初の方に出て来る結婚式のシーンでロケに使われたところです。

『冷静と情熱のあいだ』より

オルサンミケーレ教会【ゴシック様式】14-15世紀

オルサンミケーレ教会

この教会のファサードは…一応、分類としては「ゴシック様式」に入れられますが、ミラノのドゥオモのようなザ・ゴシックではありませんね。

ピサ出身のダニエラ
ピサ出身のダニエラ

ゴシック建築の特徴は「より天に近づきたい!」というモットーなので、縦に長く伸びるものが多いのよ!それと、装飾も豪華にする傾向が見られます

なかなかユニークな歴史を持つ教会ですが、特に1階部分に注目するとゴシック建築の特徴が残っています。

フィレンツェのオルサンミケーレ教会は世界でここだけ!異色の歴史を持つ教会。
ピサ出身のダニエラ
ピサ出身のダニエラ

この教会の場合はファサードっていうか…1階部分が全部そう呼べるかな

教会周りは14世紀~16世紀にかけて、たくさんの芸術家による彫刻作品で飾られています。

ファサード・歴史とも、とても個性的で面白い教会です。

オルサンミケーレ教会

サン・ロレンツォ教会【???様式】15世紀

サン・ロレンツォ教会 フィレンツェ
サン・ロレンツォ教会 フィレンツェ
ピサ出身のダニエラ
ピサ出身のダニエラ

この教会はさっきのサンティ・アポストリ教会を見てインスピレーションを刺激されたブルネレスキが設計したの!

このサン・ロレンツォ教会もフィレンツェで最も古い教会のひとつで、オリジナルが建設されたのは4世紀頃とされています。

現在のドゥオモ、サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂がドゥオモになる前は、ここがフィレンツェの街の大聖堂でした。

ガイド学校の先生カテリーナ
ガイド学校の先生カテリーナ

この教会を知るために、フィレンツェの歴史を簡単にお話ししないとね


14世紀終わりのこと。メディチ家のジョヴァンニ・ディ・ビッチがフィレンツェにやってきました。

『ジョヴァンニ・ディ・ビッチ・デ・メディチの肖像』クリストファノ・デル・アルティッシモ, 1560-1565頃, 板に油彩, ウフィツィ美術館(フィレンツェ)[画像引用元:Wikipedia]
ジョヴァンニ・ディ・ビッチ・デ・メディチ~華麗なるメディチ一族の創始者

そこから一家はめざましい発展を遂げ、フィレンツェで最も大事な一族となります。

そして彼らは一家の菩提寺的な場所として、このサン・ロレンツォ教会を選びました。

こことお隣のメディチ家礼拝堂にはメディチ家のメンバーが代々、葬られています(一部例外あり)

ジョヴァンニは、当時一流の建築家として活躍していたブルネレスキにこの古い教会の改築を依頼します。

ピサ出身のダニエラ
ピサ出身のダニエラ

内部は、ブルネレスキが設計した美しく調和のとれた空間に仕上がったんだけど、ジョヴァンニの息子コジモとブルネレスキは仲が悪くて、建築計画はちょっとストップ…ファサードはいわば未完成のままになっちゃったの

ところでこの聖堂の内部にはジョヴァンニ・ディ・ビッチ・デ・メディチがブルネレスキに注文した旧聖具室があり、そこも見ごたえがあります!

サン・ロレンツォ聖堂の旧聖具室、謎解きが待たれる夜空のヒミツ…その日、何があったのか?

さて、話は戻り、このファサードについて、16世紀にメディチ家出身で初めてローマ教皇にのぼりつめたレオ10世が、リニューアルするためのコンクールを開きます。

ジョヴァンニ・デ・メディチ/教皇レオ10世
ジョヴァンニ・デ・メディチ/教皇レオ10世

結果、優勝したのはミケランジェロ

彼は木製のモデルを残していますが、結局これは実現することなく現在に至ります。

サン・ロレンツォ聖堂ファサードのためのモデル, ミケランジェロ・ブォナロッティ, 1518頃, 木, カーザ・ブォナロッティ(フィレンツェ)
ガイド学校の先生カテリーナ
ガイド学校の先生カテリーナ

実現しなかった理由は、経済的な理由とか、材料不足とか…、まぁいろいろ…

数年前にマッテオ・レンツィがフィレンツェの市長だった時代に、サン・ロレンツォ教会のファサードを改築しようプロジェクトが持ち上がったそうですが、これも実現せず。

でも今となってはこの素朴なファサードがサン・ロレンツォ教会。

たぶん、この先しばらくはこの状態でしょうね。

ピサ出身のダニエラ
ピサ出身のダニエラ

もしかしたら何世紀か先には、変わっているのかも…!?

サン・ロレンツォ教会 フィレンツェ サン・ロレンツォ聖堂

サンタ・マリア・ノヴェッラ教会【ルネサンス様式】15世紀

サンタ・マリア・ノヴェッラ聖堂
サンタ・マリア・ノヴェッラ聖堂
ピサ出身のダニエラ
ピサ出身のダニエラ

あぁ…美しいわ…このファサードはフィレンツェでも一番美しいファサードだと思うの…

ダニエラちゃんはどうやらこれが一番お気に入りの様子ですが、この美しさの秘密はどこにあるのでしょう?

ピサ出身のダニエラ
ピサ出身のダニエラ

このファサードは、1439年からのフィレンツェ公会議がこの教会で開催されるのに合わせてリニューアルされたの。主にお金を出したのは裕福な商人のジョヴァンニ・ルチェッライ、注文を受けたのはお気に入りの建築家レオン・バッティスタ・アルベルティ

ルチェッライ一族はメディチ家とも友好関係にあり、当時フィレンツェで最も勢いのあった家のひとつでした。

ピサ出身のダニエラ
ピサ出身のダニエラ

それで彼の名前と完成年度がファサードの上の方に書かれているの。公的なものである教会のファサードにこんな風に記されているのはとても珍しいのよ

JOHANES ORICELLARIUS ... MCCCCLXX ジョヴァンニ・ルチェッライ…1470
“JOHANES ORICELLARIUS … MCCCCLXX”
「ジョヴァンニ・ルチェッライ…1470」
ピサ出身のダニエラ
ピサ出身のダニエラ

それよりもこのファサードがこんなにも美しい理由は、レオン・バッティスタ・アルベルティが幾何学を使って最高のバランスを計算して設計したからなの

幾何学を使って設計されたファサード
ピサ出身のダニエラ
ピサ出身のダニエラ

こんな風に、いくつかの正方形と円ですべての部分が仕切られるように、綿密に計算してファサードを設計したのよ

そして、建築様式としては下の方にもともとあったゴシック様式を残しつつ、サン・ジョヴァンニ洗礼堂のようなアーチ型や、ローマのパンテオンのような古典的な調和のとれた美しさ、それに斬新な円と曲線の優雅な装飾を加えています。

その他にも、注文主ジョヴァンニ・ルチェッライの紋章である帆船や、婚家のメディチ家の紋章など、いたるところに装飾がたくさん。豪華ですね!

facciata di smn

 

サンタ・マリア・ノヴェッラ聖堂 サンタ・マリア・ノヴェッラ聖堂

サンタ・トリニタ教会【マニエリスム様式】16世紀

サンタ・トリニタ教会

この教会のファサードは16世紀終わりにベルナルド・ブォンタレンティが手掛けたもの。

建築様式としては「マニエリスム様式」に分類されます。

「マニエリスム様式」は「ルネサンス様式」と「バロック様式」のちょうど間に位置します。

ピサ出身のダニエラ
ピサ出身のダニエラ

ルネサンス建築はこの二つを合体したようなもの

  • 古代ローマの調和のとれた様式を理想として、それを取り込む
  • 新しい考え方として発達しつつあった人文主義(ざっくりいうと人間らしさ
ピサ出身のダニエラ
ピサ出身のダニエラ

それに対してバロック様式の特徴は

  • 独創的でダイナミックな動きが良しとされる
  • 豪華な装飾(最終的にはやりすぎに…)
  • 平たくいうと優等生的でおだやかなルネサンスに飽きて、もっと個性的に攻めようぜ!目立ったもん勝ち!!みたいなイメージ

だからマニエリスム様式であるこのサンタ・トリニタ教会はその中間をとったような形。

等間隔に設計されているところや線対称な形は、調和を重んじるルネサンス。

でも、サンタ・マリア・ノヴェッラ教会のように平面ですべてのバランス美を追求しているのとは違って、ちょっと装飾をつけることに興味が出てきたみたい。

ピサ出身のダニエラ
ピサ出身のダニエラ

向かって一番左は同じ素材の石だけど、ダイヤモンド型にして飾りつけています

でも右側は未完成??

サンタ・トリニタ聖堂
ピサ出身のダニエラ
ピサ出身のダニエラ

次の教会はザ・バロックよ!

サン・ミケーレ・エ・ガエターノ教会
【バロック様式】17世紀

サン・ミケーレ・エ・ガエターノ教会
ピサ出身のダニエラ
ピサ出身のダニエラ

実はフィレンツェにはバロック建築の建物がほとんどなくて、ファサードがバロック様式なのは、こことサン・フィレンツェ教会ぐらい

その理由は色々あると思いますが、ひとつは街のメイン・スポンサーであったメディチ家が、バロック様式が流行り出した16世紀末以降、だんだんと傾いていったからでは…というのがあげられます。

ピサ出身のダニエラ
ピサ出身のダニエラ

そんな中、このサン・ミケーレ・エ・ガエターノ教会はメディチ家のコジモ3世がお金を出して装飾をさせたの

設計者はゲラルド・シルヴァーニ、サンタ・トリニタ教会のファサードを参考にしていることは明らかです。

質素なトスカーナ産の石、ピエトラ・フォルテ白の大理石の豪華な彫刻がよく映えます!

情報にはスポンサーのメディチ家の紋章が堂々とついていますね。

明日使えるムダ知識?メディチ家の紋章、意味と歴史秘話。

サント・スピリト教会【???様式】18世紀

サント・スピリト聖堂
サント・スピリト聖堂
ピサ出身のダニエラ
ピサ出身のダニエラ

この教会のファサード、すごくシンプル!これはこれでなんだか落ち着いていていいわね

ピサ出身のダニエラ
ピサ出身のダニエラ

でも、何様式に分類していいのか…

教会自体の設計をメインで手掛けたのはブルネレスキですが、完成を待たずに巨匠は世を去ってしまいました。

彼の後継者たちの手で教会本体は完成されましたが、ブルネレスキの建築意図を十分に理解できていなかったので当時の想定とはずいぶん違ったものになってしまったようです。

ファサードだけは、1700年代に現在の形になりましたが、これも他にほとんど見ないようなシンプル・イズ・ベストの極み

ピサ出身のダニエラ
ピサ出身のダニエラ

これより前も、石がむき出しで飾り気のない15世紀のもののままだったそうよ

現在ではこのシンプルかつ平面的なファサードを生かし、プロジェクションマッピングが行われたりしています。

当時としてはこんな使われ方、考えもしなかったでしょうね!

これもある意味、時代の流行ですよね。

サント・スピリト聖堂 サント・スピリト聖堂

サンタ・クローチェ教会【ネオ・ゴシック様式】19世紀

サンタ・クローチェ聖堂 フィレンツェ
サンタ・クローチェ聖堂
フィレンツェ

このサンタ・クローチェ教会は、ミケランジェロやガリレオなど、フィレンツェにゆかりのある大勢の著名人が眠る墓所。

見どころたくさん、『フィレンツェのパンテオン』サンタ・クローチェ聖堂。二度目のフィレンツェ旅におすすめ!

また、この前の広場では毎年6月24日に、各地区の誇りをかけて戦う歴史サッカーの決勝が行われます。

フィレンツェ人のポールくん
フィレンツェ人のポールくん

優勝チームには雌のキアニーナ牛が贈られるのでーす

キアニーナ牛は、フィレンツェ名物ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナになる牛さんです。

フィレンツェに来たらコレ食べなきゃ!!ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ。おすすめレストラン情報もあるよ!
ピサ出身のダニエラ
ピサ出身のダニエラ

ファサードの設計者はニッコロ・マタス。19世紀に活躍した建築家です

ファサードは1865年、フィレンツェの偉人ダンテの生誕500周年を祝う年に完成しました。

スタイルは、ネオ・ゴシック様式

設計者のニッコロ・マタスはシエナやオルヴィエートのドゥオモなど、典型的なゴシック様式の建築物を参考に、このサンタ・クローチェ教会のファサードを設計しました。

ピサ出身のダニエラ
ピサ出身のダニエラ

彼のスタイルはネオ・ゴシックとしてはやや古典的(四角形も多用)だけど調和がとれていてとても美しいわ~

フィレンツェ人の中でも、このファサードが一番好き!!(*´▽`*)という人も多いです。

ちょっと豆知識!

ファサードの中心の扉、よーく見ると、二人の人物が。
実はこれ、聖女レパラータと聖ザノビで、どちらもドゥオモにゆかりのある聖人たち。
なぜ、この聖人たちがデザインされているのかというと…

ピサ出身のダニエラ
ピサ出身のダニエラ

実はこの扉、1903年までドゥオモのファサードの真ん中の扉として使われていたからなんです♪

中央扉 真ん中の段は聖女レパラータ(左)と聖ザノビ(右)
中央扉 真ん中の段は聖女レパラータ(左)と聖ザノビ(右)
ピサ出身のダニエラ
ピサ出身のダニエラ

ちなみにファサードの一番上にあるのは「ダヴィデの星」と呼ばれ、ユダヤ教でよく使われるシンボル。ここから、設計者のマタスはユダヤ教徒だったのだと推測する学者もいます

サンタ・クローチェ聖堂 フィレンツェ サンタ・クローチェ聖堂

サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂
【ネオ・ゴシック様式】19世紀

フィレンツェのドゥオモ 壮麗なファサード 意味と歴史
フィレンツェのドゥオモ(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂)

そして、ラストを飾るのはもちろん、フィレンツェ人の誇り、

サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂(ドゥオモ)

ピサ出身のダニエラ
ピサ出身のダニエラ

やっぱりダントツ豪華よねっっ

1887年完成のファサードの設計者はエミリオ・デ・ファブリス。実はこの人、あのダヴィデくんの新居アカデミア美術館を設計した人でもあります。

ファサードの設置は、大聖堂本体の完成から実に400年以上経ってからのことでした。

豪華なファサードは聖母子と十二使徒のほか、色々なシンボルで構成されています。

使われている素材もピンク天然の大理石

詳しくは、こちらの記事をどうぞ!

フィレンツェのドゥオモ 壮麗なファサード 意味と歴史 フィレンツェ人の誇り、美しきドゥオモのファサード。壮大な歴史と意味を徹底解説!

フィレンツェのドゥオモ、クーポラ、ジョットの鐘楼 ドゥオモ、クーポラ、ジョットの鐘楼、サン・ジョヴァンニ洗礼堂、ドゥオモ付属博物館、サンタ・レパラータ教会遺構