思い出に残る花の都の旅、ご案内します♪サービス概要はここをクリック!

イタリアの祝日一覧&カレンダー2018年版!観光のプランニングはこれでOK!

イタリア人って、いっぱい休んでるイメージ…ありませんか?

 

実は意外なことに、年間を通しての祝日数は、日本よりもイタリアの方が少ないんです。

※日本の祝日数は16日、イタリアは12日。

 

でも、休みは休むのがイタリア人!!

 

イタリアの祝日はお店やスーパーもお休みになることが多いので、旅行期間がイタリアの祝祭日にあたる場合は要注意ですね。

 

でも、その祝日にちなんだ伝統行事のイベントや歴史行列をやっていたりもするので、普段は見られない街の顔が見られる貴重なチャンスでもあります。

 

2018年のイタリアの年間祝日をご紹介しますので、参考にしてください!

イタリアの祝日一覧 2018年

イタリアの祝日

イタリアの祝日は、多くがキリスト教関連の行事によるお休み。

 

教会ではミサが行われ、公的機関はもちろん、お店やスーパー、美術館などの観光施設もお休みになることが多いです。祝日=かき入れ時の日本とは逆ですね!

 

旅行日程にこの日にちが入るときは、目的地の営業時間などをよく確かめてくださいね。

 

MEMO
イタリアでは日付の書き方が「日/月/年」になります。
例:2018年1月20日は「20/01/2018」「20/01/18」など。

 

イタリア共和国 全国共通の祝日

イタリアでは、全国共通の祝日と街ごとの祝日(後述)があります。

 

共通してお休みになるのはこちらの一覧の通り。

1月1日元日Capodannoカポダンノ
1月6日公現祭Epifaniaエピファニア または befanaベファーナ
4月1日復活祭(*)Pasquaパスクァ
4月2日天使の月曜日(*)Lunedi d’angeloルネディ・ダンジェロ または Pasquettaパスクェッタ
4月25日解放記念日Aniversario della liberazioneアニヴェルサーリオ・デッラ・リベラツィオーネ
5月1日メーデーFesta del lavoroフェスタ・デル・ラヴォーロ
6月2日共和国記念日Festa della repubblicaフェスタ・デッラ・レプッブリカ
8月15日聖母被昇天の日Ferragostoフェッラゴスト または Assunzioneアッスンツィオーネ
11月1日諸聖人の祝日Festa degli Ognissantiフェスタ・デッリ・オンニッサンティ
12月8日無原罪の御宿りの日Immacolata concezioneインマコラータ・コンチェツィオーネ
12月25日クリスマスNataleナターレ
12月26日聖ステファノの祝日Santo Stefanoサント・ステファノ

(*)=復活祭は、春分の日と満月の日にちで決まるので、毎年変動します。

 

街ごとの祝日

上の全国共通のお休みとは別に、イタリアでは街ごとに個別の休みがあります。

 

旅好き女子ナナミちゃん

えーっ、何それ…???

 

イタリアの各都市には守護聖人が定められており、各聖人はそれぞれの記念日を持っています。

 

それぞれの街は、それぞれの守護聖人の記念日をお休みにするという風習があるため、その日はローマは休みだけど他の街は休みじゃない、ってことが起こり得るんですね。

 

主な街ごとの祝日はこちらです。

 
イタリア街ごと祝日一覧

イタリアの休日カレンダー 2018年

イタリア祝日カレンダー1・2月
1月29日:ペルージャ

 

イタリア祝日カレンダー3・4月

 

イタリアの祝日一覧5・6月
5月21日:ヴェローナ
6月24日:フィレンツェ、ジェノヴァ、トリノ
6月29日:ローマ

 

イタリアの祝日一覧7・8月
7月15日:パレルモ
 

イタリアの祝日一覧9・10月
9月19日:ナポリ
10月4日:ボローニャ
 

イタリアの祝日一覧11・12月
12月1日:シエナ
12月6日:バーリ
12月7日:ミラノ
 

観光の日がイタリアの祝祭日・休日にあたったら

観光名所もお休み

休みは休むのがイタリア人!

 

美術館や宮殿、劇場など観光名所も例外ではなく、お休みになるところが多いです。

 

特に1月1日、5月1日、12月25日は多くの観光名所が閉館になり、この日に観光することはかなり難しいです…。

 

もちろん、お店もほとんどがクローズですから、本当に市内散策ぐらいしかすることがない…という状態に。中でも12月25日のクリスマスは、翌26日も聖ステファノの日で必ず連休となるので、かつての日本のお正月3が日状態ですね。

 

地元の人たちもそれをわかっているので、祝日前にはスーパーなどでたくさん食料品を買い込み、お休みに備えます。当日はただ休むだけ。

 

でも、お家にいて退屈してきたのか、午後になると街中にわらわらと人が増えたりもします。

 

「ポンテ」に注意

イタリアには日本のように「振替休日」とか「国民の休日」という制度はありませんが、火曜日や木曜日が祝日で、少し休めば連休になるという場合には、ついでに休んで連休を作ってしまうことが多々あります。

例)火曜日が祝日→月曜日を休みにして、日~火まで休み


 

ガイド学校の先生カテリーナ

2018年だと5月1日、12月25日が火曜日なので、連休出現!となるかも!?12月はさらに26日ももともと祝日だから長い連休になるわね~

 

これを「ポンテ(Ponte)=橋」と言います。

 

美術館など観光施設がその日も休むことはまれですが、お店やレストランなどではよくありますのでご注意を!!

 

あわせて読みたい

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です