12月のフィレンツェを旅するならチェック!天気・気温・服装はこんな感じ。

      2018/01/07

旅行で気になるのは、現地のお天気気温情報。

 

やっぱり旅するなら快適に過ごしたいし、せっかくの旅行だからオシャレも楽しみたいですよね。

 

現地の人や他の観光客はどうしているのか、どんな旅支度をすればいいのか…

 
ということで、12月のフィレンツェの気候情報について現地からお届けします!

 

(参考)11月の情報はこちら




フィレンツェの12月・過去5年間の天気と気温

それでは早速、過去5年間の様子を見てみましょう!
12月のフィレンツェはこんな感じでした。

2016年2015年2014年2013年2012年





凡例:

 

12月は、いよいよイタリアの梅雨!!絶好調!!
2016年は例外的に晴れマークが多いですが、例年降水量が他の月と比べて断然多く、雨が降らないにしてもすっきり晴れない日が続きます。

 

日没時間も早くなりますから、一日のうちで青空を見るタイミングがとても少なくなります…。そして湿気も多い時期です。とはいえ、日本のそれとは比べ物にはならないほど少ないです。

 

気温は12月前半は最高が10℃前後、最低は5℃以下という感じですが、月末に向けもう一段階下がります。油断していると突然寒くなる日や風の強い日がありますので、念のため防寒はしっかりと!!

 

街の人の服装はこんな感じ

12月上旬

すでに先月末ごろからダウン着用の人を見かけるようになっていましたが、いよいよ冬本番の装いです。

 

ダウンジャケット、または厚めのコートマフラー。日によっては手袋も欲しいところですね!

 

ちなみにこの時期の週末は、クリスマスプレゼントを買うための人がたくさん街に出てくるため、いつもよりも随分とごった返しています。
 

観光客の数は少ない時期なので、美術館はゆっくりと鑑賞できますが、中心地を歩いたりお買い物をしたりするときはやや混んでいることが多いです。

 

12月中旬

服装は、変わらずもちろん冬仕様。

 

12月下旬

時々こんな風に霧に覆われる日もあります。

 

イタリア人はとにかく暖かさ重視なので、たくさん着こんでいる人が多いです。ファー付きコート、ニットキャップ、マフラーに手袋など、外に出ている肌部分は顔だけっていう人もかなりいます。

 

12月服装まとめ

気温は日本と同じくらいですが、とにかく天気に恵まれないことが多い時期。

 

なるべく水に弱い素材の服や靴、バッグは避けた方が無難かもしれません。

 

あわせて読みたい

 

フィレンツェ在住の公認観光ガイドです。
得意ジャンルは美術、街歩き、ワイン。好きな芸術家は、ブロンズィーノ。有名作品もいいけど、隠れ注目ポイントや裏話が大好き!普通のガイドブックじゃ見つからない、”ここだけの話“をお伝えします♪ 【詳しいプロフィールはこちら】【お問い合わせはこちら】

 - 旅の計画, 豆知識 , , ,