思い出に残る花の都の旅、ご案内します♪サービス概要はここをクリック!

フィレンツェでバスに乗ってみよう!バスの使いこなし方徹底ガイド♪

フィレンツェは主要観光地が徒歩でまわれてしまうほど、小さな街。

 

でも、さすがに一日歩き回ると結構疲れちゃったりもします。
そんな時、簡単にパッと次の観光地に移動できたらなぁ…なんて思いますよね。

 

旅好きナナミちゃん

時々、小さいバスが街中を走ってるよね!あれに乗ったらどこに行くのかなぁ…?って気になってたんだよね

 

フィレンツェの街なかをトコトコと走る小型のバスは、乗りこなしてみると便利で観光地も見えて楽しいんです!

 

意外に乗り方も簡単なフィレンツェのバス、ちょっとマスターして使いこなしてみましょう♪

フィレンツェでバスに乗ってみよう!~切符を購入!~

さて、それではフィレンツェのバスに乗ってみたい!!ということで、まずは切符から。

切符の種類

バスの切符は以下があります。

事前購入
  • 一回券 € 1,50
  • 回数カード(Carnet) 10回分 € 14,00
※各90分有効
※回数カードは一名のみ利用可、複数人で同時に使うことはできません。
乗車後購入
  • 運転手より 一回券 € 2,50
  • SMSで購入 € 1,80

 

乗車後の購入についての注意
  • 在庫切れなどで買えない場合があります
    そういった場合でもチケット・コントロールが来たら容赦ありません。しっかり罰金(50ユーロぐらい)を払わされますので、なるべく事前購入をしておくことをおすすめします。
  • 運転手さんはお釣りを持っていないことがありますので、車内で購入する場合は小銭が必要です。

 

切符の購入場所

切符は以下のいずれかの場所で購入できます。
atafアタフはフィレンツェの市バス・トラムを運行する会社の名前です。

「チケットください!」のイタリア語
Vorrei un biglietto dell’autobus.ヴォッレイ ウン ビリエット デッラウトブス』:バスのチケットが一枚ほしいです。
初歩イタリア語12選!旅行に役立つイタリア語、これだけ言えれば充実の旅間違いなし☆

atafの窓口

  • フィレンツェSMN駅構内のチケット売り場8番または9番窓口
  • フィレンツェSMN駅の建物に付属のataf窓口
    住所:Via Alamanni 20r – 50131 Firenze
    営業時間:月-土 7.00-19.30 日祝休み

    ※入り口は道路側

タバッキ(Tabacchi)

タバッキはタバコ屋さんのこと。街中で写真のような看板の出ているお店です。

タバッキ タバコ屋さん
 

atafマークのついているお店

その他、写真のようなマークが入り口についているお店はチケットを取り扱っています。
atafのマーク

自動販売機

それほど数は多くありませんが、たまに大きなバス停(サンタ・マリア・ノヴェッラ駅やサン・マルコ広場)には自動販売機があります。

SMSで購入

イタリアのSMSを受信できる携帯を持っていたら、SMSで買うこともできます。

 
やり方は、とても簡単!
番号 +39 4880105 に「ataf」とショートメッセージを送るだけ。すると、90分有効のチケットが発行されましたというメッセージが届きます。
※契約SIMに残高がある場合。残高が足りないと発行できませんでしたというメッセージが来ます。

 

【きちんと買えた場合】
【買えなかった場合】
 

フィレンツェでバスに乗ってみよう!~乗車から降車まで~

乗りたい路線のバス停へ

切符を購入したら、いよいよバス停へ!行き先に注意して、バスが来るのを待ちます。

MEMO
フィレンツェのバスは始発と終点を同じ番号のバスが往復しています。そのため、例えば同じ7番のバスでもフィエーゾレへ向かうバスと、フィエーゾレから帰るバスがあります。ルートマップ(後述)で自分の行きたい方向をしっかり確認してくださいね。

Azu

心配だったら、バスが来た時に運転手さんに行き先を確認すると教えてくれますよ!

 

電光掲示板の時刻表示があるバス停はほぼその時刻通りに到着しますが、そうではないバス停に掲示してある時刻表はそんなにあてになりません…。

 

自分の乗りたい番号のバスが来たら、手を挙げて乗りたいとアピール!同じ停留所にいくつもの路線のバスが停まりますから、アピールしないとバスは通り過ぎてしまいます。

 

Azu

ちなみにイタリア人のバスの停め方(手の挙げ方)はこんな感じでやや下気味を指すことが多いです!人差し指だけを出す人も多いです


 

バスに乗ったらまずは打刻!

切符の種類に関わらず、バスに乗ったらまずはチケットを打刻します。

 

一回券の場合、黄色い打刻機に差し込み口がついているのでそこにチケットを入れます。すると、ガチャッと音がして日付と時刻が打刻されます。

 

回数券の場合は、緑または黄色の機械の下半分にカードをかざします。ピッと音がして、1回分が消費されます。


 

SMSで購入した場合は、切符の有効時刻が表示されますので、何もしなくてOKです。

 

注意
打刻を忘れると不正乗車となり、チケット・コントロールが来た場合に罰金を請求されます。旅行者だからといって容赦してくれません。

 

チケット・コントロールが来たら

不正乗車を防ぐため、チケット・コントロールの人がたまに乗ってきます。途中のバス停から乗ってくることもあるし、既にバス車内にいる場合もあります。バスを降りたところにいることもあります。

 

彼らは特に制服などを着ていませんので、とても分かりにくいですが、atafのIDカードのようなものを身に着けています。

 

もし、コントロールに会ったら、打刻済みの切符や回数券を提示します。

 

バスを降りたいとき

フィレンツェのバスは、次の停留所をお知らせする車内放送はあったりなかったり。新しいバスだと車内に電光掲示で次の停留所(Prossima Fermata)が出ています。

 

降りるときは降車ボタンを押して運転手さんにお知らせします。

 

Azu

万が一、降りたかったバス停を行き過ぎてしまった場合は、次のバス停で降りて歩いて戻るか、反対側のバス停から同じ番号のバスに乗ったら戻れます。チケットは90分以内だったら乗り降り自由なので、思い切って降りてみましょう!

 

フィレンツェのバスのルートマップ

乗り方がわかったところで、フィレンツェのバスのルートマップはこちら。

参考 La mappa della rete ataf&li-neaATAF

 

特に以下のルートは市内中心部を走る路線で主要観光地を通過していくので、お天気のいい日なんかはただ目的なく乗ったとしても風景を結構楽しめますよ。

C1:リベルタ広場周辺~グラツィア橋周辺


ルート中の観光名所:アカデミア美術館ウフィツィ美術館ヴェッキオ宮殿など。

 

C2:ポルタ・アル・プラート駅~ベッカリア広場(中心部を通過)


ルート中の観光名所:フィレンツェSMN駅、ドゥオモ広場、共和国広場、オルサンミケーレ教会バルジェッロ美術館など。

 

C3:ポルタ・アル・プラート駅~ベッカリア広場(オルトラルノ地区を通過)


ルート中の観光名所:オンニッサンティ教会ヴェッキオ橋ウフィツィ美術館サンタクローチェ教会など。

 

C4:ドゥオモ広場周辺~サン・ニッコロ橋周辺 


ルート中の観光名所:フィレンツェSMN駅、ピッティ宮殿サントスピリト教会ヴェッキオ橋など。ミケランジェロ広場まではふもとまで行きますが、広場は高台なので坂道を歩いて上がらなければいけません。

 

ミケランジェロ広場フィレンツェ一望のミケランジェロ広場。観光の最初におすすめします!

 

時刻表・詳しい停留所情報やその他の路線はatafのサイトで検索できます。

参考 【Time tables & Routes Town center lines】ATAF

 

フィレンツェのバス利用時の注意点

切符をちゃんと買って乗り方のコツさえつかんでしまえばとっても楽に便利に移動できるバスですが、いくつか注意点もあります。

 

スリに注意

混雑したバス車内は人との距離が近くなり、荷物から注意がそれてしまうことも。

 

貴重品にはしっかりと気を配り、体の前でしっかりと持ちましょう。もちろん、きちんとカバンは閉めておくことを忘れずに。

 

Azu

彼らはプロなので被害にあっても全く気づきませんよ…

 

切符は正しく使いましょう

前述の通り、不正乗車の罰金は高くつきます。

 

きちんと購入することはもちろん、打刻も忘れずに!チケット・コントロールは色々な路線の色々な時間帯に現れ、全く予測不可能です。

 

大きな荷物に注意

特にフィレンツェ市内中心部を走るC路線のバスはとても小さな車体のバスですが、その割に利用客が多く、混雑しがちです。ここにスーツケースのような大きな荷物を持って乗ると、車内のかなりのスペースを占領してしまい、周りからのひんしゅくを買うことに…

 

別にスーツケースを持って利用してもいいはずですが、特に混雑しているときにご機嫌の悪いマダムと乗り合わせてしまうと、かなり怒られますので(笑)、強心臓でない方はやめておいた方が無難です。

 

Azu

堂々と本人に向かってクレームをつけているマダムに遭遇したこともあります…「あなた、なんなの?こんな狭いのにそんなに大きな荷物持って、追加料金でも払いなさいよ!」「そうよ、罰金取るべきだわ!」「全くあり得ない!!」と、複数人から強く言われ、イタリア語なのでその観光客の方はすべては意味はわかっていませんでしたが、何やら自分が怒られているらしいことは理解された様子。気まずい顔でそそくさと降りて行かれました…

 

と、そんな色んなことに遭遇するのもバスの面白さのひとつ。

 

普通の観光だけでなく、色々な体験をしてみたいときは挑戦してみるときっと楽しいい体験ができますよ!

 

あわせて読みたい