【共通券廃止】早わかり!フィレンツェのドゥオモ周辺施設のチケット売り場と予約方法。

ドゥオモ共通券売り場 フィレンツェ

この情報は 2020年6月 時点のものです
最新の情報やイレギュラー対応など、詳細は公式サイトにてご確認ください。
表示している入場料金は一般料金です
小人・高齢者・団体など各種料金は公式サイトにてご確認ください。
フィレンツェの最も有名な観光スポット・ドゥオモ

その周辺には洗礼堂博物館鐘楼など、色々な観光スポットが揃っています。が、営業時間がバラバラだったり、チケットが要ったり予約が必須だったり…。全施設の予約方法、チケット購入方法についての最新情報をご紹介します!
 

参考 Tickets for The Opera di Santa Maria del Fiore(公式サイト)

ドゥオモ周辺施設の入場料

ドゥオモ広場には全部で以下7つの観光施設があります。

 

 

このうちドゥオモ(大聖堂)を除く5施設は共通券18ユーロで入場できます。チケットは、各施設1回ずつ入場可能、最初の施設に入場してから72時間有効です。

共通券は2020年3月をもって廃止されました。現在は、各施設個別の入場券が必要です。

各施設の入場料金(2020年6月現在)

施設名 一般料金 小人料金* 備考
ドゥオモ(大聖堂)
無料
無料
クーポラ
20ユーロ
10ユーロ
ジョットの鐘楼
15ユーロ
7ユーロ
サン・ジョヴァンニ洗礼堂
5ユーロ
3ユーロ
2020年7月以降は
博物館のチケットで入場可
ドゥオモ付属博物館
10ユーロ
5ユーロ
2020年7月以降は
同チケットで洗礼堂も入場可
大聖堂上のテラス通路
25ユーロ
10ユーロ

*小人料金は7歳~14歳に適用されます(7歳未満は無料、ただし予約は必要<「無料」のチケットを予約>)。

フィレンツェのドゥオモ、クーポラ、ジョットの鐘楼ドゥオモ、クーポラ、ジョットの鐘楼、サン・ジョヴァンニ洗礼堂、ドゥオモ付属博物館、サンタ・レパラータ教会遺構

ドゥオモ周辺施設の入場チケット予約方法

オンライン購入&予約

オンライン予約は、公式サイト(イタリア語または英語)から行います。

ドゥオモ周辺施設入場チケット公式サイト
参考 公式サイトTickets for The Opera di Santa Maria del Fiore

ここでは、大聖堂(Cathedral)を例に説明しますが、他の施設の買い方も同じです。

まず、買いたいチケットをクリックします。


次の画面で、画面右側の「Buy Products」の下のカレンダーマークをクリックして、希望の日にちを選びます。グレーアウトしているところは予約できません。

希望の枚数、時間帯を選択し、「Add to Cart」へ

次の画面で大聖堂主催のガイドサービスの案内が表示されます。
必要なら該当ツアーを選択、不要なら「Continue Without Changing」を選択。

次の画面で10分以内の決済を促されます。
他のモニュメントのチケットも買う場合は左の「Continue Shopping!」を、確定に進む場合は「Go to Cart」をクリックします。
ここではそのまま確定に進みます。

Cartの内容を確認し、問題なければ「Go to Check Out」へ進みます。

サインイン画面へ。
初めて購入する場合はfacebookまたはGoogleアカウントを利用、もしくは「Create account」から登録します。
過去に購入したことがある場合は、その時のメールアドレスとパスワードを使います。

いずれかの方法でアカウントの確認または作成が完了するとこちらの画面へ。「Save and continues」をクリックします。

登録した名前やメールアドレスの情報と、指定した日時、枚数が表示されているので間違いないか確認したあと、右側の「Confirm Order」で確定へ。

料金の支払いが発生する場合
クーポラ等、大聖堂以外の施設は入場料がかかりますのでこのあと決済画面へ。




カード情報とメールアドレスを入力して確定。

無事、予約できるとこの画面になります。

同時にEチケットが登録したメール宛てに届いています。
この画面内の「You can also find a receipt on My page」というところをクリックしても表示できます。

届いたメールの例

★メールにこのようにバーコードなどの表示がない場合は、添付ファイルもありますのでそちらをご確認ください。

(添付ファイルの例)※チケットごとに発行されています。3枚購入したら、3つのチケットPDFファイル+1つの購入内容PDFファイルがついています。

注意
  • Eチケットはチケットそのものの役割を果たします。現地で他のチケットに引き換える必要はありません。
  • チケットは人数分の枚数が必要です。例えば3人分の情報を入力したなら3人分のバウチャーが発行されていますので、すべて必要です。
  • バーコード表示があり、入場の際はこれをゲートで読み取ります。スマホやタブレットなどの画面では機械がうまく読み取らないことがありますので、印刷をおすすめします。

現地にて購入&予約

現地のチケット売り場(おすすめ順)

注意
現在、Covid-19の影響で現地購入は2.のチケット売り場(Piazza del Duomo, 14)のみ可能です(各施設が開館している日に限る)。
ドゥオモ共通券売り場 フィレンツェ
  1. ドゥオモ付属美術館
    美術館入り口を入ったロビーのところ。実はあまり知られていませんが、一番並んでいません。また、係りの方たちも親切(個人的な感想ですが(^^;;)。ゆっくり落ち着いて買うことのできる、一番おすすめの窓口です!
  2. 大聖堂南側チケット売り場
  3. 2019年8月より、洗礼堂前のチケット売り場がこちらへ移転しました。入り口がものすごく狭くて見落としそうです…
    窓口は2つありますが、入り口・空間ともに狭いので、混雑しています。入り口と出口はそれぞれ別で、逆から入場することはできません。

  4. サンタ・レパラータ教会入り口 ※2020年6月現在、閉鎖中
    ドゥオモ内部、南寄りの出口に近い辺りから地下に降りるとあります。ここも場所が狭いのもあり、よく混雑していますし、そもそもドゥオモ本体に入るのにかなり時間がかかることが多いので、チケットを買うなら他の場所の方がおすすめですね。

サン・ジョヴァンニ洗礼堂前旧チケット売り場
現在、大聖堂南側に移転したのですが自動販売機は残されています(クレジットカードのみ対応)。奥にトイレ(有料)があります。

 

注意
フィレンツェカードを利用して共通チケットを発行する場合、2.大聖堂南側のチケット売り場のみでの対応となります。
 

ドゥオモ周辺施設の入場方法

注意
2020年6月現在、すべての施設において日付と時間を指定する事前予約が必要です(上記参照)。
  • 予約確定後の変更、キャンセルはできません。
  • 公式サイトに購入可能期間の明示はありませんが、現在、1か月程度先の日付までしか選択できません。
注意
大聖堂を含む教会関連施設は神聖な場所のため、露出の多い服装はNGです。夏場、ノースリーブ・ショートパンツなどの場合、入場を断られることがありますので、さっと羽織れるショールなどをご準備ください。
禁止されている服装…ショートパンツ、ノースリーブ、サンダル、帽子、サングラス

ドゥオモ(大聖堂)

フィレンツェのシンボル、ドゥオモ(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂)

フィレンツェのシンボル、ドゥオモ(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂)

大聖堂は入場無料ですが、日にちと時間を指定する事前予約が必要です。

入り口は正面向かって右側の扉です。

ドゥオモ(大聖堂)入り口

予約時間の前後5分以内に入場することができます。

例)13:30の予約なら13:25~13:35の間に入場。時間厳守で!

入場後、セキュリティチェックがあります。

 

フィレンツェのシンボル、ドゥオモ(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂)フィレンツェのシンボル、花の聖母大聖堂(ドゥオモ)の観光ポイント徹底ガイド!

クーポラ

サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂のクーポラ

ドゥオモのクーポラ
1436年完成 フィリッポ・ブルネレスキ

クーポラとは、大聖堂上のレンガ色の円屋根部分のこと。
入り口は大聖堂北側の「アーモンドの扉(Porta della Mandorla)」です。

クーポラの入り口

予約時間の前後5分以内に入場することができます。

例)13:30の予約なら13:25~13:35の間に入場。時間厳守で!

入場後、セキュリティチェックがあります。
 

内部はエレベーターなし、階段のみで頂上まで463段です。上り下りが基本的に一方通行なので、万一、途中でやめたくなっても、引き返すことはできません。頂上まで上がらずに途中で降りることができるポイントが一か所だけあります。

大聖堂上のテラス通路

ここは以前は大聖堂美術館が主催するツアーに参加しないと、個人で入ることはできませんでしたが、2020年3月より新たなチケットが販売され、個人でのアクセスが可能になりました。

大聖堂上の通路テラス

入り口はクーポラと同じく、大聖堂の北側「アーモンドの扉」。

クーポラの入り口

予約時間の前後5分以内に入場することができます。

例)13:30の予約なら13:25~13:35の間に入場。時間厳守で!

入場後、セキュリティチェックがあります。
 

内部はエレベーターなし、階段のみで150です。上り下りが基本的に一方通行なので、万一、途中でやめたくなっても、引き返すことはできません
 

ジョットの鐘楼

ジョットの鐘楼

ジョットの鐘楼
1359年完成

入り口は東側(大聖堂の正面から見ると後ろ側)。

ジョットの鐘楼の入り口

予約時間の前後5分以内に入場することができます。

例)13:30の予約なら13:25~13:35の間に入場。時間厳守で!

入場後、セキュリティチェックがあります。
 

内部はエレベーターなし、階段のみで頂上まで414です。万一、途中でやめたくなったら同じ道を引き返すことができます。

ジョットの鐘楼花の都フィレンツェを見渡す『ジョットの鐘楼』に上ってみよう!【アクセス、営業時間、チケット、所要時間】

 

サン・ジョヴァンニ洗礼堂

サン・ジョヴァンニ洗礼堂

サン・ジョヴァンニ洗礼堂

入り口は現在、東側の『天国の門』から。

洗礼堂の入り口

予約時間の前後5分以内に入場することができます。

例)13:30の予約なら13:25~13:35の間に入場。時間厳守で!

入場後、セキュリティチェックがあります。
 

2020年7月以降はドゥオモ付属博物館の入場チケットでこちらの洗礼堂にも入ることができます。予約時間はドゥオモ付属博物館のものなので、必ず博物館に先に入り、その後洗礼堂の順番になります。
注意
2020年6月現在、内部は大規模修復中のため、天井のモザイクや壁の大部分は見ることができない状態になっています
フィレンツェ サン・ジョヴァンニ洗礼堂 クーポラ内部のモザイク画フィレンツェの洗礼堂内部、モザイク画の内容、見どころをズバリ解説!

 

ドゥオモ付属博物館

ドゥオモ付属博物館

ドゥオモ付属博物館

 

大聖堂の後ろ(東側)にあります。

ドゥオモ付属博物館入り口

予約時間の前後5分以内に入場することができます。

例)13:30の予約なら13:25~13:35の間に入場。時間厳守で!

入場後、セキュリティチェックがあります。
 

2020年7月以降はドゥオモ付属博物館の入場チケットでこちらの洗礼堂にも入ることができます。予約時間はドゥオモ付属博物館のものなので、必ず博物館に先に入り、その後洗礼堂の順番になります。

外観からはその内部の豪華さが想像できませんが、貴重な美術作品がずらりとおさめられています。実はとても広いので、それほど混雑することは少なく、ゆっくり見ることができますよ!

 

有名な作品のオリジナルなどが間近で見られて面白いです。洗礼堂の「天国の門」「北の扉」やジョットの鐘楼外観にあるレリーフも。歴代のファサードやその候補のコレクションもあって、歴史を知らなくても結構楽しめる場所です。

ミケランジェロも惚れた!「天国の門」と呼ばれる極上の扉、フィレンツェの洗礼堂にあります。ドナテッロ晩年の作品「マグダラのマリア」彼は何を伝えたかったのか?フィレンツェのドゥオモ 壮麗なファサード 意味と歴史フィレンツェ人の誇り、美しきドゥオモのファサード。壮大な歴史と意味を徹底解説!
注意
リュック・長い傘・ガラス瓶など持ち込み不可なものはクロークに預けなければいけません。
 

サンタ・レパラータ教会遺構

※2020年6月現在、閉鎖中です。
サンタ・レパラータ教会祭壇

サンタ・レパラータ教会祭壇

 

現在の大聖堂が建てられる前にあった古い教会の遺跡が見られます。ローマ時代のモザイクが施された床面の他、その時代の独特の3階建て構造の跡なども。実は発見されたのは20世紀半ばのこと。現在の大聖堂との大きさが比較できる模型などもあります。

 

入り口はサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂内から地下に降りる階段です。

 

ドゥオモ周辺施設の営業時間・休業・閉館日

営業時間等の詳細情報と各施設の簡単な説明はこちらをご覧ください。

フィレンツェのドゥオモ、クーポラ、ジョットの鐘楼ドゥオモ、クーポラ、ジョットの鐘楼、サン・ジョヴァンニ洗礼堂、ドゥオモ付属博物館、サンタ・レパラータ教会遺構

 

※正確な営業時間等は公式サイト公式サイト「The Opera di Santa Maria del Fiore」で日付を指定して確認することをおすすめします。

 

不明点は公式サイトへ
ドゥオモ関連施設共通チケットの購入方法、使用方法などの不明点は公式サイトへお問い合わせください。

参考 公式サイトThe Opera di Santa Maria del Fiore / Florence Cathedral

メール:help@duomo.firenze.it
電話 :+39 055 2645789

あわせて読みたい