思い出に残る花の都の旅、ご案内します♪サービス概要はここをクリック!

花の都フィレンツェを見渡す『ジョットの鐘楼』に上ってみよう!【アクセス、営業時間、チケット、所要時間】

ジョットの鐘楼

花の都フィレンツェは、またの名を「天井のない美術館」と呼ばれる美しい街。

 

レンガ色の屋根に覆われた整った街並みを上から見下ろしてみるとその絶景に感動します!

 

フィレンツェの街を見渡すことのできる、代表的な絶景スポットは3つ。

フィレンツェの絶景スポット高さベスト3!
  1. ドゥオモのクーポラ(114m)
  2. アルノルフォの塔(ヴェッキオ宮殿)(95m)
  3. ジョットの鐘楼(84.7m)

 

今回は、高さはフィレンツェ第3位の『ジョットの鐘楼(しょうろう)<伊:Campanile di Giottoカンパニーレ・ディ・ジョット / 英:Giotto’s Bell Tower>』をご紹介します。

『ジョットの鐘楼』とは

プロフィール

旅好きナナミちゃん

そもそも『ジョットの鐘楼』って…なぁに??

というあなたに、基本プロフィールのご紹介です。

名前(読み方)ジョットの鐘楼(じょっとのしょうろう)
住所Piazza del Duomo, Firenze
建設年1298-1359
設計者アルノルフォ・ディ・カンビオ
何の建物?ドゥオモ付属の塔。時を告げる鐘をつるしている
建築スタイルゴシック様式
高さ84.7m(フィレンツェ市内第3位!)
階段数414段(エレベータ―なし!
建物の幅一辺14.45m
壁の厚み3.1m~3.6m

 

『ジョットの鐘楼』の歴史

『ジョットの鐘楼』の建設が開始されたのは1334年、その名を冠する当代人気の画家であり建築家であったジョット(Giotto di Bondone / 1267?-1337)が工事長に任命されたときからでした。

 

ガイド学校の先生カテリーナ

ジョットは実は画家としての功績がとても大きいの。彼のおかげで絵画界に大改革がもたらされたのよ!

▶詳しくはこちら!

荘厳の聖母(オンニッサンティの聖母) ジョット・ディ・ボンドーネ, 1310頃 ウフィツィ美術館, フィレンツェジョットの「荘厳の聖母」これなくしてルネサンスは語れない、大事な作品!

 

実は、設計そのものはアルノルフォ・ディ・カンビオがドゥオモ本体の設計を行ったときの構想段階(1298年)で既に含まれていました。ジョットはその計画を引き継ぎ、さらに外側のレリーフ装飾を構想し建設にとりかかります。

 

しかし、彼はその後わずか3年で他界。この時点で完成していたのは本当に基礎の基礎、最下層の六角形のレリーフ装飾の部分まででした。

ジョットの鐘楼(ジョット部分)

 

その後、協力者であったアンドレア・ピサーノ(Andrea Pisano / 1290-1348)が工事を引き継ぎます。彼はジョットの構想デザインを残しつつ、オリジナルテイストも加えて2層目までを完成させたところで、

ジョットの鐘楼(アンドレア部分)

1348年、ヨーロッパ中に猛威をふるったペスト(黒死病)の犠牲になって死去。

 

ガイド学校の先生カテリーナ

ピサ出身のアンドレア・ピサーノは、フィレンツェでもとても大事な仕事をしたの。サン・ジョヴァンニ洗礼堂の南扉の作者でもあるのよ

 

アンドレアの死後はフランチェスコ・タレンティ(Francesco Talneti / 1300-1369)が工事を引き継ぎ、現在の姿に完成させました。

 

彼が指揮した部分は大きなシエナ・ゴシックスタイルのランセット窓が大きな特徴。

(窓といっても実際にはガラスなどはなく、開放されています)

ジョットの鐘楼(フランチェスコ部分)

 

完成したのは1359年アルノルフォ・ディ・カンビオによる構想からは60年ちょっとが過ぎた頃でした。

 

ガイド学校の先生カテリーナ

ちなみに、フランチェスコ・タレンティは後にジョットの娘と結婚したので、義親子共作ということになるわね!二人がウエディングベルを鳴らしたのはまさにここ、サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂で結婚式を挙げたの♡

 

『ジョットの鐘楼』観光情報

アクセス

『ジョットの鐘楼』はフィレンツェの宗教の中心地、ドゥオモ(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂)のすぐ南隣にある細長い建物。

フィレンツェの玄関口、サンタ・マリア・ノヴェッラ駅からは徒歩で10分ほど、フィレンツェの観光地のほぼ中心にあります。

 

営業時間

営業時間は 毎日8:15-19:00 です。

12月25日、復活祭(年によって変動、2018年:4/1、2019年:4/21、2020年:4/12)休業です。

営業日の確認は公式サイトIL GRANDE MUSEO DEL DUOMOで出来ます。

 

チケットの買い方

チケットは、『ジョットの鐘楼』『サン・ジョヴァンニ洗礼堂』『クーポラ』『ドゥオモ付属博物館』『サンタ・レパラータ教会遺構』5施設共通入場券。オンライン(公式サイト)または以下のチケット売り場のいずれかで購入できます。


 

  1. ドゥオモ付属博物館
    博物館入り口を入ったロビーのところ。実はあまり知られていませんが、一番並んでいません。また、係りの方たちも親切(個人的な感想ですが(^^;;)。ゆっくり落ち着いて買うことのできる、一番おすすめの窓口です!
  2. サン・ジョヴァンニ洗礼堂前
    ここで買う人が一番多いんではないでしょうか。窓口はいくつかありますが、常に何人か並んでおり、奥にトイレもあるためハイシーズンは混雑しています。
  3. サンタ・レパラータ教会入り口
    ドゥオモ内部、南寄りの出口に近い辺りから地下に降りるとあります。ここも場所が狭いのもあり、よく混雑していますし、そもそもドゥオモ本体に入るのにかなり時間がかかることが多いので、チケットを買うなら他の場所の方がおすすめですね。
注意
ジョットの鐘楼の入り口では現在チケットを販売していません
 

▶共通チケットについて詳しくはこちら

早わかり!フィレンツェのドゥオモ共通チケット売り場と予約方法。

 

混雑状況と所要時間

クーポラの入場が予約必須となってから、予約がなくても上れるジョットの鐘楼は行列ができるようになってしまいました。

4月~10月の観光シーズンは、朝早くから長い行列ができています。

ジョットの鐘楼入り口順番待ちの列

ジョットの鐘楼入り口順番待ちの列(この最後尾で約45分待ち)

 

行列を避けたい場合は朝いちばんに行くことをおすすめします。

 

上るのはエレベーターがなく、階段のみですので頑張って上りましょう!もちろん、歩きやすい靴で。

 

普通のペース(※)で上ってひとしきり写真撮影後、降りてくるまでの所要時間は大体1時間前後

※上る速さは一般的な大人の速度、3回ある踊り場ごとに少しずつ休憩するイメージ。

 

もっとゆっくり休憩を長めにとったり、写真撮影など上での時間を長めにとった場合はもう少し時間が必要です。

 

実際に上ってみると

てっぺんまではすべて階段で414段。往復とも同じ階段を使いますので、降りてくる人とすれ違います。

それほど広い幅ではないので、譲り合いの精神で!!

ジョットの鐘楼内部 階段

ジョットの鐘楼内部 階段

とはいっても、ひたすららせん階段が続くクーポラよりは、ずいぶん上りやすい階段幅になっていますよ!

 

『ジョットの鐘楼』のいいところは、途中に適度に休憩ができる「踊り場」が出てくるところ♪

 

外から見るとランセット窓のあるここの部分で、3回休むことができます。

ジョットの鐘楼 休憩ポイント

ジョットの鐘楼 休憩ポイント

下の方は階段の幅がそこそこ広いですが、上になるにつれてどんどん狭く、ぐるぐる回るらせん階段へ。

ジョットの鐘楼内部 らせん階段

ジョットの鐘楼内部 らせん階段

でも、だんだん景色が遠くまで見えてきたり、ドゥオモの壁面装飾を間近で見れたりするのはとても面白いです!

 

頑張っててっぺんまで上れば、そこから見えるのはフィレンツェ一望の絶景!!

ジョットの鐘楼から花の都フィレンツェ一望!!

ジョットの鐘楼から花の都フィレンツェ一望!!

クーポラもこんなに間近に。
サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂のクーポラ

この景色はここからでしか撮れません!クーポラに上ると、自分がその上にいるから、クーポラそのものの写真は楽しめませんからね…

 

結論!『ジョットの鐘楼』>『クーポラ』おすすめポイントは

こんな理由で、クーポラよりも鐘楼がおすすめです!

  • クーポラが間近に見える!!
  • 階段がやや広いので上りやすい!!
  • 定期的に踊り場があって休憩しやすい!!

 

もちろん、体力と時間に余裕がある場合は両方試してみるというのもアリですよ。

 

Azu

でも、やっぱりもうちょっと楽な階段希望!の場合は、高さ第二位の『アルノルフォの塔』がおすすめです

 

クーポラ、ジョットの鐘楼、サン・ジョヴァンニ洗礼堂、ドゥオモ付属博物館、サンタ・レパラータ教会遺構

 

あわせて読みたい