思い出に残る花の都の旅、ご案内します♪サービス概要はここをクリック!

11月のフィレンツェを旅するならチェック!天気・気温・服装はこんな感じ。

旅行で気になるのは、現地のお天気気温情報。

 

やっぱり旅するなら快適に過ごしたいし、せっかくの旅行だからオシャレも楽しみたいですよね。

 

現地の人や他の観光客はどうしているのか、どんな旅支度をすればいいのか…

 
ということで、11月のフィレンツェの気候情報について現地からお届けします!

フィレンツェの11月・過去5年間の天気と気温

それでは早速、過去5年間の様子を見てみましょう!
11月のフィレンツェはこんな感じでした。

2016年2015年2014年2013年2012年





凡例:

 

11月になると、いよいよ雨のシーズンが始まります。

 

そう、実はイタリアの雨季は、6月ではなく秋冬なのです!

 

特に11月と12月は月間降水量が最も増える時期。といっても、日本のそれとは比べ物にならず、時に激しい雷雨となることもありますが、ほとんどはしとしと、ポツポツと降る雨が短時間、という感じ。降っても短時間ですむことも多いです。

 

気温は最高が20℃を下回る日が増え、下旬に近づくにつれ最低気温は一けたの日が増えていきます。

 

他の月と同じく、一日のうちでも日本と比べると寒暖の差が大きいので、調節できる服装を心がけましょう。

 

 

街の人の服装はこんな感じ

11月上旬

上旬は、まだ日中の最高気温が10℃台後半の日も多く、街の人たちもそれほど厚着をしていません。

 

ただ、サマータイムが終わって日の入りが早くなり、夜は気温がグッと下がってくる日も増えるので巻物や上着は必須。

 

荷物はちょっとかさばりますが、重ね着スタイルがベストなシーズンです。

 

11月中旬

最高気温が15度前後、最低気温は一けたの日が増え、年によっては5℃以下となる日も多かったりします。

 

石畳の道は足元から冷えがちなので、やや長めのコート・ダウンなどが安心かも。女性は、足元がブーツという人が増えます。

 

というか、街の人たちの服装よりも道行く人の少なさに目が行きます…笑

 

春~秋口の観光シーズンと比べると、どんどん街中から人が減ってきて、歩きやすくはなる季節ですね。

 

11月下旬

晴れた日の日向は暖かいですが、やはり気温は低め。着こんでおくに越したことはありません。

 

ニットキャップをかぶる人もちらほら。ダウンジャケットを着ている人も多いですね。

 

寒がりな人は、長めのダウンに巻物も…という感じになります。

 

服装まとめ

気温がどんどん下がり、冬に向かっていくこのシーズン。

 

服装の準備はやや難しいですが、なるべく重ね着で調節できるようにしておくこと、またいざという時のためにストールやマフラーなど、さらに調節できる巻物があると安心です。

 

とはいえこの時期は同じ日でも街の人は薄着から超厚着まで、様々なバリエーションの人がいます。

 

それほど周りを気にせず、寒がりな人は厳重に、そうでもない人はいつも通りの服装でちょうどいいかも。

 

それと、やはり雨が増える季節ではあるので、そのことも頭の片隅においておいたほうがいいですね。

 

 

それでは、準備万端でよい旅行をお楽しみくださいね!!

 

Buon viaggio!!

 

あわせて読みたい

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.