サンタ・マリア・ノヴェッラ聖堂

サンタ・マリア・ノヴェッラ聖堂

この情報は 2022年8月 時点のものです
最新の情報やイレギュラー対応など、詳細は公式サイトにてご確認ください。
表示している入場料金は一般料金です
小人・高齢者・団体など各種料金は公式サイトにてご確認ください。
 

サンタ・マリア・ノヴェッラ聖堂とは

ドメニコ会のサンタ・マリア・ノヴェッラ聖堂は、その本体の荘厳さはもちろん、隣接する2つの回廊も見どころ。
聖堂内にはジョットの十字架磔刑像をはじめ、マザッチョの「三位一体」、ブルネレスキの十字架磔刑像、ギルランダイオによるトルナブォーニ礼拝堂やフィリッピーノ・リッピによるストロッツィ礼拝堂のフレスコ装飾などが見事。
2つの回廊のうち「緑の回廊」にはパオロ・ウチェッロが手掛けた創世記に始まる旧約聖書の物語のフレスコ画(現在は旧食堂内に展示)、コジモ1世の妻エレオノーラ・ディ・トレドが、随行したスペイン人たちに開放したため「スペイン人の大礼拝堂」と呼ばれる豪華なフレスコ装飾の部屋がある。
もう1つの「大回廊」からは、かつては世界最古の薬局サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局に直接出入りすることができた。

世界最古のサンタ・マリア・ノヴェッラ薬局、フィレンツェ本店はやっぱりすごい!  

サンタ・マリア・ノヴェッラ聖堂基本情報【開館時間・休館日・入場料】

サンタ・マリア・ノヴェッラ聖堂
  • イタリア語表記:Basilica di Santa Maria Novellaバズィリカ・ディ・サンタ・マリア・ノヴェッラ
  • 住所:piazza Stazione 4 / piazza Santa Maria Novella 18 Firenze
  • 開館時間:
    4月から6月の月-木 9.30-17.30; 金 11–17.30; 土・宗教祭日の前日 9.30-17.30; 日・宗教祭日 13-17.30
    7月から9月の月-木 9.30-17.30; 金 11–17.30; 土・宗教祭日の前日 9.30-17.30; 日・宗教祭日 12-17.30
    10月から3月の月-木 9.30-17.00; 金 11–17.00; 土・宗教祭日の前日 9.30-17.00; 日・宗教祭日 13-17.00
    ※宗教祭日=1月1日、1月6日、復活祭、8月15日、11月1日、12月8日、12月25日
    *最終入場は夏季(4月から9月):閉館時間の30分前、冬季(10月から3月):閉館時間の1時間前
  • 休館日:なし
  • 入場料:7.5ユーロ
  • URL:https://www.smn.it/en/
 

→フィレンツェの観光名所一覧を見る
【開館時間・休館日・入場料・予約サイト】

 

あわせて読みたい