思い出に残る花の都の旅、ご案内します♪サービス概要はここをクリック!

スティッベルト美術館

この情報は 2017年9月 時点のものです。
表示している入場料金は一般料金です。小人・高齢者・団体など各種料金は公式サイトにてご確認ください。

 

スティッベルト美術館とは

美術館の内部に保存されているのは、イギリス人の父とフィレンツェ人の母の間に生まれたフレデリック・スティッベルト(Frederick Stibbert / 1838-1906)の個人的なコレクションで、彼の死と共にフィレンツェ市へ遺贈された。コレクションは膨大でジャンルは多岐に及ぶ。特に有名なのは武具のコレクションで、中にはメディチ家のコジモ1世の父、ジョヴァンニ・デッレ・バンデ・ネーレの使用した甲冑も含まれるほか、日本の鎧兜、トルコとペルシアの武器と甲冑、インドの武器と甲冑なども保存されている。またヨーロッパにおいて往時日常に使用された品々、ブロンズィーノ、アレッサンドロ・アッローリ、シュステルマンス、ボッティチェリの絵画コレクションや、ナポレオン・ボナパルト(Napoléon Bonaparte / 1769-1821)がイタリア国王の冠を受けた時に着用した「イタリアの礼服」を含む衣装コレクションも素晴らしい。
邸宅はフィレンツェ市からわずかに離れた小高い丘の上にあり、ロマン主義様式のイギリス風庭園に囲まれている。庭園内にはエジプト風の小神殿や東洋の植物が栽培される温室、ヘレニズム風神殿などがあり興味深い。

 

スティッベルト美術館基本情報

スティッベルト美術館

  • イタリア語表記:Museo Stibbertムゼオ・スティッベルト
  • 住所:via Stibbert 26 Firenze
  • 開館時間:月、火、水 10.00 – 14.00; 金、土、日 10.00 – 18.00
    ※最終入場は閉館の1時間前
  • 休館日:木曜日、1月1日、パスクァ(復活祭)、5月1日、8月15日、12月25日
  • 入場料:8ユーロ
  • サイトURL:http://www.museostibbert.it/

 

→フィレンツェの観光名所一覧