思い出に残る花の都の旅、ご案内します♪サービス概要はここをクリック!

捨て子養育院美術館

この情報は 2018年1月 時点のものです。
表示している入場料金は一般料金です。小人・高齢者・団体など各種料金は公式サイトにてご確認ください。

 

捨て子養育院美術館とは

プラートの商人フランチェスコ・ディ・マルコ・ダティーニの遺産のおかげで絹織物組合が1419年に孤児を教育するための機関として創設、計画はフィリッポ・ブルネレスキ(Filippo Brunelleschi / 1377-1466)に一任された。孤児を養育するための施設として創られたものとしては最古の600年以上にわたる歴史を持つ。建物は柱の間隔と高さを同じにして、完璧な調和のとれた空間を目指して設計されている。アーチ間にはアンドレア・デッラ・ロッビア(Andrea della Robbia / 1435-1525?)の手による産着に包まれた新生児を表す彩釉テラコッタ作品が並ぶ。美術館内部にはボッティチェリ初期の作品「聖母子と天使」、ルカ・デッラ・ロッビア(Luca della Robbia / 1399?-1485)の「カルトゥーシュを示す聖母子」などの作品が保管されている。

 

捨て子養育院美術館基本情報

捨て子養育院美術館
  • イタリア語表記:Museo degli Innocentiムゼオ・デッリ・インノチェンティ
  • 住所:Piazza SS. Annunziata 13 Firenze
  • 開館時間:月-日 10.00-19.00
    ※最終入場は閉館の30分前
  • 休館日:1月1日、12月25日
  • 入場料:10ユーロ
  • サイトURL:https://www.istitutodeglinnocenti.it/content/orari-e-biglietti-0

 

→フィレンツェの観光名所一覧を見る
【開館時間・休館日・入場料・予約サイト】

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください