思い出に残る花の都の旅、ご案内します♪サービス概要はここをクリック!

アンドレア・デル・カスタンニョの「最後の晩餐」(サンタポッローニア修道院食堂)

この情報は 2018年8月 時点のものです
最新の情報やイレギュラー対応など、詳細は公式サイトにてご確認ください。
表示している入場料金は一般料金です
小人・高齢者・団体など各種料金は公式サイトにてご確認ください。

 

サンタポッローニア修道院食堂とは

1447年頃、アンドレア・デル・カスタンニョ(Andrea del Castagno / 1423-1457)がフレスコ画で表現した作品群で、ルネサンス期最初の「最後の晩餐」と「十字架磔刑」、「十字架降下」、「復活」からなる。その他にも同じ作者の剥離フレスコ画や、パオロ・スキアーヴォとネーリ・ディ・ビッチ作のシノピエ(下書き)が展示されている。建物は1339年に創設され、1400年代に拡張されたベネディクト会のサンタポッローニア修道院の一部。

 

サンタポッローニア修道院食堂観光基本情報

サンタポッローニア修道院食堂

 

→フィレンツェの観光名所一覧を見る
【開館時間・休館日・入場料・予約サイト】

 

あわせて読みたい