国立考古学博物館

キメラエトルリア美術, 紀元前4~5世紀国立考古学博物館, フィレンツェ

この情報は 2022年7月 時点のものです。
表示している入場料金は一般料金です。小人・高齢者・団体など各種料金は公式サイトにてご確認ください。

 

国立考古学博物館とは

世界でも有数のエトルリア美術コレクションを収蔵する美術館。トスカーナ中にエトルリア人・ローマ人が遺した、壺や棺といった葬送用の品物や、「キメラ」や「演説者」などの貴重なブロンズ彫刻などを展示している。また、エジプトコレクションもとても重要で、トリノのエジプト美術館に次いでイタリアで二番目に多数のコレクションを有する。考古学博物館の建物は、1600年代にメディチ家のコジモ2世が足の不自由だった妹マリア・マッダレーナのために建設したクロチェッタ宮殿である。

キメラエトルリア美術, 紀元前4~5世紀国立考古学博物館, フィレンツェゲームでも神話でも大活躍!怪物界のエリート「キメラ」。

 

国立考古学博物館基本情報

国立考古学博物館

 

→フィレンツェの観光名所一覧を見る
【開館時間・休館日・入場料・予約サイト】

 

あわせて読みたい