ギルランダイオの「最後の晩餐」(オンニッサンティ教会)

      2017/10/13

この情報は 2017年9月 時点のものです。
表示している入場料金は一般料金です。小人・高齢者・団体など各種料金は公式サイトにてご確認ください。

 

ギルランダイオの「最後の晩餐」とは

オンニッサンティ教会の修道院食堂にある「最後の晩餐」は1488年、ミケランジェロの師匠であるドメニコ・ギルランダイオ(Domenico Ghirlandaio / 1449-1494)により描かれたもの。完成作品の他に同作のシノピエ(フレスコ画の下絵)、1400年代初頭の「受胎告知」や古い手洗い場などが残る。この食堂に行く途中に通る回廊には、1600年以降の聖フランチェスコの生涯の物語を描いたフレスコ画作品がある。
この他にも、同じくギルランダイオによる作品「聖ジローラモ」(1480年)、「慈悲の聖母と十字架降下」が教会内で見られる。

 

ギルランダイオの「最後の晩餐」基本情報

ギルランダイオの「最後の晩餐」

 

→ガイドのお問い合わせ・お見積りはこちらから

観光ガイド依頼
***
(所要時間、人数、行程等によりお見積りいたします)


*フォームが機能しない場合、お手数ですが a.usui.idi@gmail.com よりお問い合わせください。

 

→フィレンツェの観光名所一覧

 

この記事を書いた人
フィレンツェ在住の公認観光ガイド、Azuです。
得意ジャンルは美術、街歩き、ワイン。好きな芸術家は、ブロンズィーノ。有名作品もいいけど、隠れ注目ポイントや裏話が大好き!普通のガイドブックじゃ見つからない、”ここだけの話“をお伝えします♪ 詳しいプロフィールはこちら
お問い合わせ TwitterfacebookページInstagram




 - 教会, 観光名所 ,