思い出に残る花の都の旅、ご案内します♪サービス概要はここをクリック!

イタリアの至宝、花の都フィレンツェ。アクセス・名物・観光スポットは?

フィレンツェの街を一望できるミケランジェロ広場より。

フィレンツェは『花の都』の異名を持つ美しい街。

名前の由来はFlorentiaフロレンティア、古代ローマ人がラテン語で「花の女神フローラ」を意味する言葉から名づけたもの。

旅好きナナミちゃん

英語だと「フローレンス」だから、やっぱり似てるね!

その昔、古代ローマ帝国時代にローマ人が自分たちの領土を広げる途中に建立された都市なんです。だからフィレンツェは、「ローマの娘」と呼ばれます。

ガイド学校の先生カテリーナ

フィレンツェの歴史は紀元前59年から始まるのよ~

そんな由来を持つフィレンツェ、長い歴史の中でたくさんの変化を遂げながら、今なお美しいその姿をとどめています。

ということで、

Azu

『花の都』へようこそ!フィレンツェを満喫できる情報を満載でお届けします♪

フィレンツェへのアクセス

イタリアの地図

フィレンツェはイタリア中北部の内陸部です

細長いブーツの形をしたイタリア半島。フィレンツェがあるのはその中部のトスカーナ州というエリアです。

そう、「トスカーナ」って州の名前なんです!あの田園風景のイメージの場所を「トスカーナ」と呼ぶのではなく、フィレンツェも含めたこのエリアの名前なんですね。

さて、イタリアには他の人気の観光地、ローマやミラノ、ヴェネツィアなどがありますが、フィレンツェはそのいずれからもアクセスできるちょうど中間に位置します。

アクセス方法は①空から②陸から③海からのいずれも可能です。

『花の都』フィレンツェへ行こう!アクセスは空から?陸から?それとも海から!?

フィレンツェってどんな街??

フィレンツェは歴史の古い街

ルネサンスの花の都として有名なフィレンツェは、実はとても歴史の古い街。古都ローマと同じく、紀元前から存在していたのです。今でもフィレンツェの街には地下鉄がありません。それは、街のそこここを掘り返せばローマ時代の遺跡が出てきてしまうから(!)

ルネサンス芸術の宝庫

春(プリマヴェーラ) サンドロ・ボッティチェリ, 1482頃 ウフィツィ美術館, フィレンツェ

そしてなんといっても世界的に有名な名画・芸術品の数々、レオナルド・ダ・ヴィンチボッティチェッリミケランジェロラファエロらが暮らし、その他の著名な芸術家たちとも影響を与え合い、素晴らしい名作が生み出されました。街で一番古く美しい橋、ポンテ・ヴェッキオは、ローマ時代に建設され何度も洪水に流され建て直されながらも、街の人たちに愛され大切に守られ、今日も元気に営業中です。

トスカーナ料理

フィレンツェの魅力は芸術や歴史だけではありません。日本でも人気のキャンティ・ワインの産地をすぐそばに従え、いつでも良質でお手頃なワインとともに、地元の数々の伝統料理を楽しむことができます。イタリアは全国的に各地の伝統料理が様々で食文化の本当に豊かな国ですが、ここフィレンツェは、豪華なキアニーナ牛のステーキを始め、日本ではなかなかお目にかかれない色んな食材(トリュフやポルチーニ茸など)が味わえます。

お買い物もしたい!

そしてお買い物好きな方には、ショッピングもおすすめ。街中では、本店のあるグッチやフェラガモを始め(美術館と限定ショップも付属)、ハイブランドの並ぶトルナヴォーニ通り、伝統工芸の良質でお手頃な革製品や、フィレンツェモザイクと呼ばれる美しい輝石細工、マーブル紙、貴金属などの小さくてお洒落な、昔ながらの職人さんが開いている工房のようなお店がたくさん隠れています。女性に嬉しい化粧品は、世界最古の薬局、サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局他、地元の天然素材を使った優しい製品も。ブランドのお買物三昧をご希望の方には、少し郊外に足を延ばせばブランドも入るアウトレットがあります。

街の外には?

オリーブ畑

ツアー旅行ではわずか半日や一日の滞在となることが多いですが、できればもっとゆったり時間をつかって街の魅力を堪能していただきたい!中心地だけではなく、緑豊かなトスカーナの地方の田園風景に心洗われること間違いなしです。

フィレンツェのおすすめ観光スポット

フィレンツェ市内

フィレンツェの街を一望できるミケランジェロ広場より。フィレンツェで見るべきポイントは?絶対外せない観光名所をご紹介!

フィレンツェ郊外