ダヴァンツァーティ宮殿

ダヴァンツァーティ宮殿

この情報は 2022年8月 時点のものです
最新の情報やイレギュラー対応など、詳細は公式サイトにてご確認ください。
表示している入場料金は一般料金です
小人・高齢者・団体など各種料金は公式サイトにてご確認ください。

 

ダヴァンツァーティ宮殿とは

もともと1300年代の裕福な商人・銀行家の一家、ダヴィッツィ家の持ち物で、その時代に多数あった「塔の家」をいくつか合体したものだった。宮殿は1578年にダヴァンツァーティ家に購入され、その際一家の紋章が正面部分に取り付けられ、現在もその名で呼ばれることとなる。内装はフィレンツェの昔風の調度品で彩られ、また絵画や家具、彫刻、カーテンや陶器など、フィレンツェの他の国立美術館や私立美術館から集められた貴重なコレクションが保管されている。

 

ダヴァンツァーティ宮殿基本情報

ダヴァンツァーティ宮殿
2022年:月の第一日曜日(4月3日、5月1日、6月5日、7月3日、8月7日、9月4日、10月2日、11月6日、12月4日)
▶イタリア国立美術館 無料入場日 https://firenzeguide.net/musei-statali-gratis/
フィレンツェの国立美術館 オンライン予約方法

 

→フィレンツェの観光名所一覧を見る
【開館時間・休館日・入場料・予約サイト】

 

あわせて読みたい