ストロッツィ宮殿

      2017/12/14

ストロッツィ宮殿とは

メディチ家のライバルだったストロッツィ家が15世紀末に建設した宮殿。典型的なルネサンス建築で、地上階から上階に向かって高さや石の大きさ・粗さがグラデーションしていくのが特徴。宮殿は三方に同じファサードを持つ切石積みの立方体の予定だったが、1538年に工事が中止されたため南側ファサードは未完に終わった。現在では宮殿は国際的な展示会や文化イベントに利用されており、年に2回、重要な芸術家の展覧会が開かれる。1階部分にはカフェを併設している。

 

ストロッツィ宮殿とは

ストロッツィ宮殿
  • イタリア語表記:Fondazione Palazzo Strozziフォンダツィオーネ・パラッツォ・ストロッツィ
  • 住所:piazza Strozzi Firenze
  • 開館時間:月-水・金-日10.00 – 20.00; 木 10.00 – 23.00※最終入場は閉館の1時間前
  • 休館日:なし
  • 入場料:12ユーロ(企画展開催時)
  • サイトURL:http://www.palazzostrozzi.org/
  • 現在開催中(2017年9月21日~2018年1月21日)
    Il Cinquecento a Firenze – Tra Michelangelo, Pontormo e Giambologna
    (フィレンツェの1500年代 – ミケランジェロ、ポントルモ、ジャンボローニャ)」

 

→フィレンツェの観光名所一覧

 




 

フィレンツェ在住の公認観光ガイドです。
得意ジャンルは美術、街歩き、ワイン。好きな芸術家は、ブロンズィーノ。有名作品もいいけど、隠れ注目ポイントや裏話が大好き!普通のガイドブックじゃ見つからない、”ここだけの話“をお伝えします♪ 【詳しいプロフィールはこちら】【お問い合わせはこちら】

 - 宮殿, 観光名所