フィレンツェ最古の教会のひとつ、サンタ・フェリチタ教会。

      2017/07/18




フィレンツェ最も古い歴史を持つ教会のひとつ

ポンテ・ヴェッキオを渡ってすぐ左手にある、この小さな教会はフィレンツェで最も古い教会のひとつです。

教会が建てられ始めたのは11世紀頃のことで、内部が現在の姿になったのは18世紀ですが、

キリスト教が布教する以前、5世紀初めにはその前身が存在していたとされています。

その頃は教会は非常に大きく、広い墓地に囲まれていました。

11世紀に3身廊のロマネスク様式で建築され、18世紀まではその形態でした。

現在、18世紀以前の様子が残っているのは入ってすぐ向かい合わせになっている、

カッポーニ礼拝堂と、カニジャーニ礼拝堂の2か所のみで、その他の礼拝堂や内陣の部分は

大きく作り替えられました。

入ってすぐ右手にあるカッポーニ礼拝堂(cappella Capponi/1419-1423)は、

バルバドーリ家がブルネレスキにその設計を注文し、後にカッポーニ家の所有となりました。

 

サンタ・フェリチタ教会で見られる美術品

ここには有名なポントルモの作品「十字架降架」があります。

 

またファサード側の壁にもポントルモの作品「受胎告知」が見られます。

十字架降下 ポントルモ, 1526-28 サンタ・フェリチタ教会, フィレンツェ

十字架降下
ポントルモ, 1526-28
サンタ・フェリチタ教会, フィレンツェ

受胎告知 ポントルモ, 1527-28 サンタ・フェリチタ教会, フィレンツェ

受胎告知
ポントルモ, 1527-28
サンタ・フェリチタ教会, フィレンツェ

 

天井部分には弟子のブロンズィーノも手伝った4人の福音書記者。

 

2017年4月より、この礼拝堂は修復作業に入っているため、見学できません。ただ、修復準備の様子などが移されたビデオが流されていて、どんな風に美術品の運搬・修復を行うのかを見ることができそれはそれで興味深いですよ!(修復終了日は未定)
サンタ・フェリチタ教会 / Chiesa di Santa Felicita
住所: Piazza Santa Felicita 3 – 50125 Firenze
開いている時間:月-土 9:30-12:30, 15:30-17:00
※毎週金・土の15:30-17:00は教会ガイドによるツアー(基本イタリア語)あり
◎入場無料
◎公式サイト(イタリア語、英語) http://www.santafelicitafirenze.it/

 

ブルネレスキがクーポラの試作をした


ちなみにブルネレスキは、ドゥオモのクーポラが彼の設計で実現可能なことを示すために、この礼拝堂の天井を同じクーポラの形態で設計・施工したとか…

1565年にはコジモ1世の注文でヴァザーリがピッティ宮殿からウフィツィ美術館を通り、ヴェッキオ宮殿までを結ぶ回廊を建設し、その一部がファサードの前を通る空中廊下です。

メディチ家の人々はこの廊下部分からミサに参加することができるシステムでした。

ヴァザーリの回廊から見た主祭壇

ヴァザーリの回廊から見た主祭壇

教会内からヴァザーリの回廊方向を見上げる

教会内からヴァザーリの回廊方向を見上げる

2016年秋に公開された映画「インフェルノ」でもこの回廊がロケ地に使われました。

 

 

次は、こちらの記事をどうぞ!

この記事を書いた人
フィレンツェ在住の公認観光ガイド、Azuです。
得意ジャンルは美術、街歩き、ワイン。好きな芸術家は、ブロンズィーノ。有名作品もいいけど、隠れ注目ポイントや裏話が大好き!普通のガイドブックじゃ見つからない、”ここだけの話“をお伝えします♪ 詳しいプロフィールはこちら
お問い合わせ TwitterfacebookページInstagram

 

 - 教会, 観光名所