フィレンツェの景色一望の穴場写真スポット!高いとこ好きなの誰だ?

      2017/05/10

Pocket
LINEで送る

どこをとっても写真映えする、中世の面影を残す街フィレンツェ

 

その美しい景色は一度見たら忘れられません。

 

旅好き女子ナナミちゃん
せっかくだから、どこよりも素晴らしい景色が見られるポイントに行きたい!!オシャレな写真撮ってインスタにアップしたい♡

 

それならやっぱりミケランジェロ広場か、ドゥオモのクーポラジョットの鐘楼が有名ですよね。

 

旅好き女子ナナミちゃん
…でも、人がたくさんいたり並んだりするのはイヤー…。

 

それなら、そんなあなたにピッタリの穴場写真スポット、ヴェッキオ宮殿の「アルノルフォの塔」がおすすめ。

 

ここでしか楽しめない景色のすべて!全部見せちゃいます♪




こんな景色が楽しめます

ということで百聞は一見に如かず。

 

このアルノルフォの塔から楽しめるフィレンツェの景色の一部をご覧ください。

 

一番高いところからの大パノラマ!

まずはここからの景色。

 

フィレンツェのシンボル、ドゥオモ!!
バディア・フィオレンティーナ(フィレンツェ大修道院)とバルジェッロ国立博物館
サンタ・クローチェ教会

 

ドゥオモをいちばん大きく、かつ綺麗に撮るのはこの場所からが一番いいかも。

 

なぜなら

  • クーポラ(ドゥオモの上の円屋根部分)に上ると、自分がその上にいるため、当然ドゥオモの写真を撮ることはできない。。
  • ジョットの鐘楼からだと、クーポラの大迫力のアップは撮れますが、近すぎてドゥオモ全体を収めることはできない。。
  • ミケランジェロ広場からはちょっと遠いから、街並みの中にある姿を撮るのがベスト。

この一番上の部分からだと、こんな風にフィレンツェの街並みの中にある美しいドゥオモの姿をきちんと収めることができます。

 

 

ちゃんと写真撮影台も設置されていますので、セルフィ―を使って一緒に写ることもできますよ!

 

この場所はもともと見張り台として使われていた場所。

 

だからこんな要塞らしいトゲトゲのところも間近で見れるのが、面白い!

 

これより上は閉鎖されているので、一般観光客が上ることはできません。

 

塔上部の張り出し回廊

今度はここ!

 

ここはさっきのところと1階分ぐらいしか変わらないので、景色もそれほど変わりません。

 

ただ一番上のところは安全上の理由で近づけない方角がありますが、ここは基本的にどの方角にも向けます。

これは、南側のアルノ川の方角。

左寄りの奥の方にサン・ミニアート・アル・モンテ教会が見えます。

柵の外には窓ガラスなどなく、そのまま外。空気と風を感じられます!

 

ロンダからの景色

次はここからの景色!

 

ロンダというのはイタリア語でronda=「パトロール、巡察」を意味します。

 

なのでこの部分の名前は「巡察用連絡豪(Camminamento di ronda)」、つまりパトロール用の通路。

 

ゆったりと幅広い通路で風を感じながらの、まさに空中回廊をお散歩です。

 

この部分からの景色はこんな感じ。

 

ドゥオモ方向
ウフィツィ美術館を上から!
シニョーリア広場を見下ろす!

 

だいぶ下がってきて、クーポラの下の丸窓あたりと目が合うような高さになってきました。

 

ここからは、ウフィツィ美術館を真ん前に見ることができます。

 

ウフィツィの3階にあるカフェ(ランツィの回廊の上部)も間近に見ることが可能。

ここは昔、メディチ家のフランチェスコ1世がつくった庭園付きテラスでした。

(今は庭園は撤去され、テラスでカフェが営業されています)

ここで音楽を楽しんだり、歓談したりしていたようです。

 

それと、ここから見られるシニョーリア広場の景色はなかなかのもので、なんだか天上人になって下界を見下ろしている気分に。笑

 

 

ちなみにこの風景に見覚えのある方もいらっしゃるかもしれません。

 

ここは、2016年に公開された映画「インフェルノ」の冒頭のシーンで、男たちに追い詰められたゾブリストが身投げするシーンに使われています。

設定では先ほど写真がでてきたバディア・フィオレンティーナの塔から身投げしたことになっていますが、映像ではここからの落下する様子が使われています。

 

穴場のここだけ写真スポット

鍵穴からのぞくフィレンツェ

私が一番お気に入りなのはこの場所。

 

この鍵穴のような小さな穴は、この空中回廊の中にいくつか開けられています。

 

やっぱりこのドゥオモが見える方角のものは、まるで鍵穴から景色をのぞきこんでいるみたい!

 

この写真はここでしか撮れません。

 

旅好き女子ナナミちゃん
この写真、どこで撮ったの?」って話題になりそう!

 

この穴、一応目的としては、本来要塞としての機能を持つ場所だったので、ここから鉄砲を撃つための場所、のはずです。

 

でも建築から700年たった現在、私たちを楽しませてくれる素敵な役割に変わりました!

 

あのダヴィデくんの頭が見える!

空中回廊の途中には一部ガラス張りになって地上が見えるところも。

ちょうど、宮殿の正面入り口側のあたりにあります。

 

ここからはダヴィデくんを見下ろすという不思議な光景。

このダヴィデくんはレプリカですが、いつも見上げる彼を頭側を見るっていうのはなかなかレアですね。ちょっと遠いのが残念です。

 

ヴェッキオ宮殿・アルノルフォの塔をおすすめする理由

おすすめ理由その1:上るのが楽!!

フィレンツェの景色を上から楽しむスポットは、最初に挙げたクーポラ、ジョットの鐘楼などもありますが、最大のネックは階段

 

そう、これらの歴史的建造物にはエレベーターなんて近代的なものはありません

 

イタリア人ガイド マーク先輩
上にあがりたかったら階段をのぼるのじゃー!!

 

というわけで、クーポラなら463段、ジョットの鐘楼なら414段

 

オフィスビルなら1階で15~20段ぐらいが標準らしいので、25階~30階ぐらいのビルに階段で上ることを想像すると…

 

 

旅好き女子ナナミちゃん
無理…!!!!

 

まぁ景色を楽しみながらゆっくりなので、最終的には上れるんですが、普段避難訓練でもない限りこんな階段を上り下りすることはないので結構キツイですよね。

 

それがこちら、アルノルフォの塔なら…

 

もちろんここにもエレベーターはありません(宮殿3階までアクセスするエレベーターはあります)が、ここに至るまでの道のりはかなり楽なんです。

 

ちなみにフィレンツェの建造物の高さは公式発表で

フィレンツェの絶景スポット高さベスト3!
  1. ドゥオモのクーポラ(114m)
  2. アルノルフォの塔(ヴェッキオ宮殿)(95m)
  3. ジョットの鐘楼(84.7m)

というわけで上る苦労は少なめなのに、華々しく高さ第2位なんですよ♪

 

 

塔への入り口はヴェッキオ宮殿3階の「ユリの間(Sala degli Gigli)」を出たところからスタート。

 

 

最初の階段はこんな感じでゆったり広い階段です。

 

これを上りきると、ちょっと素朴な階段の登場。

ここは幅が大人一人分、端に寄ればすれ違える程度です。

 

この階段を37段(Azu調べ)上って…

 

ロンダに着きました!

 

ここをしばらく楽しんだら、さぁ、いよいよ塔の上を目指します!

右が上がってきた階段、左はここから上へ向かう階段

 

塔の中とはいっても、各階ごとに光が取り入れられる設計になっていますので、全然暗くありません

 

途中、昔々は反逆者などを閉じ込めていた独房が出てきます。

 

がんばって上りきると、上の張り出し回廊に到着!!

 

ここまではロンダから合計188段(Azu調べ)。

 

そして、残り25段をがんばればいちばん上に到着です!

 

階段が全体に広いのと、休憩ポイントがちょこちょこ出て来るので、そんなにしんどさを感じません。

階段数は全部で約270段。他の2つと比べるとぐっと楽に感じますね!

 

イタリア人ガイド マーク先輩
クーポラだと大人一人がギリギリのらせん階段の場所も多いし、光も入らないから、上りやすさは段違いにこっちがおすすめ!OK?

 

おすすめ理由その2:子ども連れでも大丈夫!!

お子さんの年齢が6歳以上なら一番上でも行けます。

 

イタリア人ガイド マーク先輩
18歳未満は大人の同伴が必要だよ!

 

※クーポラやジョットの鐘楼は特に年齢制限はありませんが、階段の狭さや、上り下りの大変さを考えるとこちらの方がおすすめ。

 

まるで昔、お城に住んでいた偉い人が見下ろしていたかのような世界観は子どもでも一緒に楽しめます!

 

おすすめ理由その3:営業時間が長い!!(時期により変動)

ヴェッキオ宮殿、実は夏場(4月~9月)は夜も営業してるんです。

 

クーポラやジョットの鐘楼は夏場でも最大19時までの営業時間ですが、なんとここアルノルフォの塔は毎日21時まで営業(木曜日のみ14時まで)。

 

 

時間に限りのある旅行中、日中は他の観光スポットに行って、ほとんどの観光スポットが終わってからでも入れるこの場所はかなり貴重!

 

夏場の日没は21時頃(夏至前後)なので、日の暮れかけた美しい風景も格別!また、宮殿内はなんと23時まで(木曜日は14時まで)営業していますので、まず塔に上って景色を堪能したあと、ゆっくりと宮殿内の装飾を鑑賞しながら降りて来るのもいいですね。

 

冬場は塔は17時までの営業ですが、その分、観光客がとても少なくほぼ待ち時間なしで上れます。クーポラやジョットの鐘楼は冬場でもやや人が多いので、それも含めてここのおすすめ度は高い!

 

唯一のデメリット

それは、雨だと登れないこと…。

 

お天気に左右されるのは非常に残念なんですが。

 

でも、雨天でもロンダまでは上がれます!

 

イタリア人ガイド マーク先輩
しかもこの場合、入場料は気持ち(2ユーロ)安い!

 

ロンダからの景色でも十分にフィレンツェの街並みが楽しめますので、ヴェッキオ宮殿の素晴らしい内装を堪能しつつ、この景色も一緒に楽しんでみてください♪

 

ヴェッキオ宮殿 / Palazzo Vecchio
住所:Piazza della Signoria
美術館部分の営業時間
10月から3月まで 毎日 9:00-19:00 ※木曜日のみ14:00まで / 4月から9月まで 毎日 9:00-23:00 ※木曜日のみ14:00まで
アルノルフォの塔の営業時間雨天時閉鎖):
10月から3月まで 毎日 10:00-17:00 ※木曜日のみ14:00まで / 4月から9月まで 毎日 10:00-21:00 ※木曜日のみ14:00まで
休館日:12月25日
チケット:

  • 美術館10ユーロ
  • 美術館+地下古代遺跡14ユーロ
  • 塔+空中回廊10ユーロ
  • 美術館+塔+空中回廊14ユーロ
  • 美術館+古代遺跡+塔+空中回廊18ユーロ

学生等(18歳~25歳と大学の生徒)割引あり、18歳未満無料※古代遺跡は8歳未満、塔は6歳未満の入場不可
◎公式サイト:http://museicivicifiorentini.comune.fi.it/palazzovecchio/visitamuseo/torre_di_palazzovecchio.html
◎フィレンツェカード対象施設

 

あわせて読みたい

 

この記事を書いた人
フィレンツェ在住の公認観光ガイド、Azuです。
得意ジャンルは美術、街歩き、ワイン。好きな芸術家は、ブロンズィーノ。有名作品もいいけど、隠れ注目ポイントや裏話が大好き!普通のガイドブックじゃ見つからない、”ここだけの話“をお伝えします♪ 詳しいプロフィールはこちら
お問い合わせ TwitterfacebookページInstagram

 

Pocket
LINEで送る

 - 観光スポット , , , , ,