プラトリーノのメディチ庭園(ヴィッラ・デミドフ)

アッペンニーノの巨人 1580頃, ジャンボローニャ プラトリーノのメディチ庭園, フィレンツェ

この情報は 2022年8月 時点のものです
最新の情報やイレギュラー対応など、詳細は公式サイトにてご確認ください。
表示している入場料金は一般料金です
小人・高齢者・団体など各種料金は公式サイトにてご確認ください。
 

プラトリーノのメディチ庭園(ヴィッラ・デミドフ)とは

フィレンツェ中心地からわずかな距離にあり、メディチ邸宅群や庭園とともにユネスコ世界遺産に指定されている。1568年、メディチ家のフランチェスコ1世が購入し、お気に入りの建築家ベルナルド・ブォンタレンティ(Bernardo Buontalenti / 1531-1608)に邸宅の建設と芸術的な洞窟をはじめとする庭園を整備させた。メディチ家のフェルディナンド大公子は音楽をこよなく愛し、ここでヘンデルのコンサートを催した。メディチ家亡き後はロレーナ家、サヴォイア家の手を経てロシア人一家のデミドフ家により1872年に購入されたため、現在はこの名で呼ばれる。かつては、チェッリーニ、ジャンボローニャ、バンディネッリ、アンマンナーティなどの著名な作家による芸術作品が多く飾られていた。庭園のシンボル的存在、「アペニン山脈の巨人」はジャンボローニャ作で、そのインパクトは一度見ると忘れられない。

 

プラトリーノのメディチ庭園(ヴィッラ・デミドフ)基本情報

プラトリーノのメディチ庭園(ヴィッラ・デミドフ)
  • イタリア語表記:Parco Mediceo di Pratolino (Villa Demidoff)プラトリーノのメディチ庭園(ヴィッラ・デミドフ)
  • 住所:Via Fiorentina 276 Pratolino – Vaglia
  • 開館時間(2022年):
    4月1日~10月30日 金-日&祝 10.00-20.00(10月は18.00まで)
  • 休館日:4月-10月の月-木、11月-3月の毎日
  • 入場料:無料
  • サイトURL:-

 

→フィレンツェの観光名所一覧を見る
【開館時間・休館日・入場料・予約サイト】

 

あわせて読みたい