思い出に残る花の都の旅、ご案内します♪サービス概要はここをクリック!

目で楽しむギリシア神話!ヘルマプロディートス、両親から受け継いだ美しさのあまりの悲劇。

今回ご紹介するのは、ギリシア神話に登場する悲劇のヘルマプロディートス

 

優秀な父と美しい母の間に生まれ、誰もが見惚れる美しさを持った主人公が、その美しさゆえに思わぬ悲劇に巻き込まれてしまうお話。

 

フィレンツェのウフィツィ美術館の他、パリのルーブル美術館ローマ国立博物館にも同じ主題の作品が展示されている、人気モチーフのひとつです。

 

Azu

お話に入る前に、この作品の主人公は、
『男?それとも、女?』
ぜひ、考えてみてくださいね!!

 

作品のプロフィール「Ermafrodito / Hermaphrodite」
ヘルマプロディートス 1~2世紀頃, 作者不詳 ウフィツィ美術館, フィレンツェ

ヘルマプロディートス
1~2世紀頃, 作者不詳
ウフィツィ美術館, フィレンツェ

年代1~2世紀頃
作者不詳
材質パロス島産大理石
所蔵ウフィツィ美術館
由来1669年、フェルディナンド2世・デ・メディチ(Ferdinando II de’ Medici)により購入

登場人物の紹介

ヘルマプロディートス

ヘルマプロディートス
ギリシア神話にはたくさんの登場人物がいて、中には姿を変えては気に入った女性や少年を誘拐するゼウスのように何度も登場する人(神)もあれば、このヘルマプロディートス(古代ギリシア語:Hermaphrodītos)のように単一のエピソードでだけ登場する人(神)もあります。
ヘルマプロディートスは、父・ヘルメス(=マーキュリー)と母・アフロディーテ(=ヴィーナス)の間に生まれた、誰もが見とれる美しさ。年は大体15歳ぐらい。
 

サルマキス

サルマキス
サルマキス(Salmakis)は、ハリカルナッソス(現在のトルコ・ボドルム近辺)の泉のニンフ(妖精)。彼女の主君はアルテミス(=ダイアナ)、本来はその信条に基づき、処女を守ることが義務付けられていますが、自分の泉に現れたヘルマプロディートスの美しさに一目ぼれ。大切な主君への誓いをあっさりと手放してしまいます。

 

ヘルマプロディートスの両親

父・ヘルメスはローマ名をマーキュリーといい、商売・旅人・使者の神。オリンポス12神の一人でゼウスの末子、飛びぬけて頭がよく、すばしこい神でした。

 

何せ生まれたその日にアポロンの牛を50頭も盗み、しかも誰がやったかわからないようにその痕跡を綺麗に消してみせたほど。さらに、最初は怒っていたアポロンさえも最終的には丸め込むという手腕の持ち主。いや、優秀です。

 

一方の母・アフロディーテはローマ名をヴィーナスといいます。そう、あの有名なウフィツィ美術館のアイドルです!彼女は愛と美の女神
 

しかし、そんな美しいイメージとは裏腹に、その美貌を以て数々の男神を惑わし浮名を流し、果てはトロイア戦争の原因まで作ってしまうという、実はなかなか困ったちゃん。

子どものアモレ(=エロスまたはキューピッド)のお嫁さんにもイジワルしたりと、実はまぁまぁキャラが立ってたりもするんです。

 

この両親二人が同時に登場する有名な美術作品が、こちら。

春(プリマヴェーラ) サンドロ・ボッティチェリ, 1482頃 ウフィツィ美術館, フィレンツェ
サンドロ・ボッティチェリ作「春(プリマヴェーラ)」まさに春の喜びが溢れた幸せいっぱいの名画!

 

さて、そんな個性的な二人から生まれたヘルマプロディートスの物語を、始めましょう!!

 

ヘルマプロディートスの悲劇

愛と憎しみの物語…といえば、やはりギリシア神話

このお話は、オウィディウス(Publius Ovidius Naso / 43.b.c-17 a.c)「変身物語」(ギリシア神話の登場人物が様々なものに変身していくお話を集めた作品)に登場するエピソードのひとつ。

 

舞台はサルマキスのいた、ハリカルナッソス(現トルコ・ボドルム付近)にある泉です。

 

ヘルマプロディートスとサルマキスの出会い

ある日、少年ヘルマプロディートスは平穏な日常生活に飽き飽きし、広い世界を見に行くことを思い立ちました。

 

ヘルマプロディートス

退屈だな~… 父上や母上はいつもあちこち行って忙しそうにしてるけど… 

ヘルマプロディートス

そうだ!!ぼくも、何か新しいものを見つけに行こう!!とりあえずお出かけの準備をして、と…

 

ということで、いそいそと旅に出かけたヘルマプロディートスはカリア地方でキラキラと輝く泉を見つけます。

 

この泉こそ、ニンフのサルマキスがいたところ。

 

突然現れた、ヘルマプロディートスを見たサルマキスは…

 

な、なんって美しいの… こんなに美しい少年を見たことがないわ…まるで神々が作った美術品のようね 

サルマキス

美しい…どうしても私のものにしたい… 

サルマキス

 

サルマキスは、主君アルテミスが永遠の処女の誓いを立てていることから、彼女自身も処女を守らなければならない義務を負っています。

 

でも、ヘルマプロディートスを見た瞬間にサルマキスはそんなことはすっかりどうでもよくなってしまいました。

 

ヘルマプロディートスに近づき、ささやきます。

 

ねぇ、どこから来たの…?あなたみたいに美しい子、見たことがないわ…私と一緒にこっちへ来てお話ししない?色々イイコト教えてあげるわよ♡

サルマキス

 

突然現れたサルマキスにビックリしたヘルマプロディートスは

 

ヘルマプロディートス

い、いえ、すみません。。知らない人と話しちゃいけないってお父さんとお母さんに言われてるので…

 

と、なんとかサルマキスを拒否します。

 

そう…。じゃあ、仕方ないわね… また、いつか、ね…

サルマキス

 

そうしてその場を立ち去ったサルマキス。

 

と見せかけて木陰に隠れてヘルマプロディートスを愛で続けます。ストーカーですね!(; ・`д・´)

 

思い余ったサルマキスの渾身の願い

あぁ…なんて美しいのかしら…どうしよう、どうしても触れたいわ…!!

サルマキス

 

一方、サルマキスが立ち去ったと思い込み完全に油断したヘルマプロディートスは、興味深げに泉に近づき、服を脱いで水浴びすることを思いつきます。

 

ヘルマプロディートスが完全に裸になって泉の中に入った、そのとき!

 

やった!!!これで、彼は私ものよ!!!

サルマキス

ヘルマプロディートス

なっ、なにをするんですか!!はな、離してください!!

 

ヘルマプロディートスの胸にがっちりと抱きつき、キスをするサルマキス。

 

ヘルマプロディートスとサルマキス François-Joseph Navez, 1829 ゲント美術館, ベルギー

ヘルマプロディートスとサルマキス
François-Joseph Navez, 1829
ゲント美術館, ベルギー

 

逃げようとあがくヘルマプロディートスに抱きついたまま、サルマキスは叫びました。

 

どうか、神々よ!!願いをお聞き届けください!私と彼をひとつのものとし、永遠に分かちがたく結び付けて離さないでください!!

サルマキス

 

そして彼女が叫んだその瞬間、願いは聞き届けられ、文字通り二人は一心同体に。

 

こうして一人の身体に男性と女性、双方の特徴を持つ「両性具有」が誕生したのでした。

 

ヘルマプロディートス 1~2世紀頃, 作者不詳 ウフィツィ美術館, フィレンツェ

ヘルマプロディートス
1~2世紀頃, 作者不詳
ウフィツィ美術館, フィレンツェ

 

そして己の運命を呪ったヘルマプロディートスは、恥ずかしさと怒りのため、同じく神々に願ったのでした。

 

ヘルマプロディートス

どうかどうか、この泉の水を浴びたものはすべて、わたしと同じ身体になりますように…

 

ということで、冒頭のクイズの答えは、男性でもなく女性でもなく、「両性具有」でした!!

 

Azu

ヘルマプロディートスの元の性は男性、サルマキスが体内に入って合体したことで女性の要素を持つようになったのです

 

それにしても、ただ美しかっただけなのに、可哀想なヘルマプロディートス!

 

何も悪いことしたわけでもないのにね…ギリシア神話って別に教訓とかない、理不尽なものも結構多いですね。

 

この彫刻を見つけたら、そんな可哀想なヘルマプロディートスに思いを馳せてみてください。

 

今回ご紹介した作品が見られるのはこちら。

ウフィツィ美術館
ウフィツィ美術館

 

あわせて読みたい

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.