思い出に残る花の都の旅、ご案内します♪サービス概要はここをクリック!

イタリアを代表するカーニバル、ヴェネツィア&ヴィアレッジョを紹介します!

2月のイタリアはカーニバル(伊:カルネヴァーレ)が大盛り上がり!

 

世界3大カーニバルのひとつに数えられる、ヴェネツィアのカーニバルは豪華な衣装に身を包み、仮面をかぶった人たちが街じゅうに現れる幻想的な風景。

 

ガイド学校の先生カテリーナ

ちなみに世界3大のあと二つは、ブラジルのリオと、トリニダード・トバゴよ~

 

そしてイタリアではヴェネツィアの他にも、各地域で個性豊かなカーニバルが開催されます!

 

今回はその中のごく一部をご紹介します。

ヴェネツィアのカーニバル


イタリアでカーニバル…といえばこれ!

 
さながら仮面舞踏会といった、タイムスリップしてしまったかのような不思議な光景が目の前に広がります。

 

開催期間

2019年のイベント日程:2月16日(土)~3月5日(火)
参考 ヴェネツィアカーニバル公式サイト

開催期間は18日間ですが、期間中のヴェネツィアは常にこんな光景。特にどうしても参加したいお目当てのイベントがある、という場合以外は、いつ行っても雰囲気を楽しむことができます。

 

仮面(伊:maschera / マスケーラ)をあちこちで売っていたり、カーニバル用に簡単にメイクしてくれるお店もあるので、せっかくなら見るだけじゃなくて参加してみても面白いかも♪

 

 

ヴェネツィアのカーニバルの歴史

その歴史はとても古く、公式な記録として初めて現れるのは1296年のこと。

 

でもそれ以前にも11世紀頃の資料にもカーニバルの楽しさを総督が語る場面が描かれていたりもします。

 

そこから多少の形の変化はあれ、ずっと続くカーニバルですが、一度だけ伝統が中断したことがありました。

 

それは、1797年から1979年の約200年間

 

この時代はナポレオンのイタリア侵略に始まり、次いでオーストリアの支配下に置かれた時代で、この間はカーニバルが行われていませんでした。

1979年(かなり最近ですね!)から、再びヴェネツィアの名物として取り上げられ、いまや世界3大カーニバルの一つに数えられるまでになりました。

 

仮面をつけるようになったワケ

これは、はっきりとはわからないようですが、次のような仮説があります。

サトゥルナリア祭の習慣

前回ご紹介したように、カーニバルのもとになったお祭りが古代ローマ時代からありました。

>>2月のイタリアはカーニバル(カルネヴァーレ)が熱い!!

 

このお祭りは、普段と社会的地位を入れ替えてばか騒ぎするというもの。

 

つまり、奴隷は主人に、主人は奴隷に役割を入れ替えて、奴隷が命令して主人が言うことを聞く…という、なかなかユニークなお祭り。

 

この時代に既に仮面をつけ、正装ではなく派手な衣装を着る習慣だったみたいです。

 

そこから、カーニバルの風習のひとつとして貧しい人はお金持ち(のふり)ができ、お金持ちの人は逆、というようにそれぞれ仮面で身元を隠して楽しむようになった…という説。

 

 

死者の魂を呼び戻すため

もう一つの説は、アルカイック時代(紀元前8世紀~前1世紀)の民間信仰に基づくもの。

 

この時代には、祭りのときに仮面をつけて祈ることによって、死者の魂を地上に呼び戻すことができると考えられていたそうです。

 

旅好きナナミちゃん

現世のものとは直接ふれあってはいけない、というような決まりがあったのかな?

 

 

悪いものから身を守るため

最後の説は、悪い魂に惑わされないようにするため、というもの。

 

カーニバル期間は、その後に来るクァレジマという信仰への考察の期間の前。

 

だから、魂の「浄化」がまだハンパな状態だから、悪い魂(死を含む)からの影響を受けないよう、自分たちの身を守るために仮面をつけることにした、という説です。

 

(参照サイト:SAPERE.IT, giftsitter

 

現代は、こんなもともとの意味とは関係なく、とにかく楽しむ!非現実空間を満喫する!!という目的です。

 

ちなみに参加者のほとんどは旅行者で、衣装も持参してくるツワモノも多々いるようです…!!

 

旅好きナナミちゃん

年に1回の衣装にそのすべてをかける…どこかで聞いたような…はっΣ(゚д゚)!紅○歌合戦…!!

 

トスカーナ州のカーニバル

ヴィアレッジョのカーニバル

ヴィアレッジョはトスカーナの海沿いの街。

 

1873年から続く、こちらも伝統あるカーニバルです。もともと、中産階級の若者たちが始めたお祭りだそう。

 

日本ではヴィアレッジョという名はそれほど知られていないんですが、実はここのカーニバルはイタリアのみならず、ヨーロッパでもとても有名なんです。
なんと毎年100万人以上の来場者が、この小さな街に集結します!

 

このカーニバルはヴェネツィアのものと違って、山車の上に大きなオブジェが乗った形になっています。日本のねぶた祭りみたいですね。

 

こちらは2017年のヴィアレッジョ・カーニヴァルの様子。

 

上に乗っている人形(?)は政治家、文化人、芸能人、スポーツ選手などの有名人や、怪獣や空想上の生き物など色々です。トランプ大統領やレンツィ元首相をはじめ、ローマ教皇フランチェスコ1世までネタにしてしまう自由さ!!

 

なんと紙粘土製(戦前は木でできていたそうです)!
表現されるのが現代人であることが多いので、表情やしぐさなどは風刺作品になっていることが多く、元ネタを知っているとなかなか楽しめますね!

 

1931年から採用された公式マスコットは「ブルラマッコ(Burlamacco)」。これはコンメディア・デッラルテ(commedia dell’arte)という即興演劇に登場する人物を組み合わせて作られたもの。

 

ガイド学校の先生カテリーナ

コンメディア・デッラルテは、詐欺師・医者・老人・恋人たち・魔女などなど…登場人物の役割を表す仮面をかぶるのよ

 

メインはアルレッキーノという道化師役ですが、衣装の赤と白のチェック柄は、砂浜のパラソルからヒントを得て作られたそう。

 

ガイド学校の先生カテリーナ

ヴィアレッジョは海沿いで夏の砂浜にはたくさんビーチパラソルが建てられるからね~

 

Carnevale di Viareggio / ヴィアレッジョのカーニバル
参考 ヴィアレッジョのカーニバル公式サイト アクセス:フィレンツェS.M.N駅より電車で1時間30分 / 9.7ユーロ※2018年5月現在

【2019年開催情報(予定)】
開催日:2月9日(土)・2月17日(日)・2月23日(土)・3月3日(日)・3月5日(火)
※詳細は公式サイトhttp://viareggio.ilcarnevale.com/biglietteria-contattiよりお問い合わせください。

【2020年開催情報(予定)】
開催日:2月1日(土)・2月9日(日)・2月15日(土)・2月23日(日)・2月25日(火)
※詳細は公式サイトhttp://viareggio.ilcarnevale.com/biglietteria-contattiよりお問い合わせください。

【過去情報】

2017年情報
開催日:2月5日(土)・12日(日)・26日(日)・28日(火)・3月5日(日)
入場料:5回回数券(2月12日、18日、26日、28日、3月5日のすべて)30ユーロ、1回券(2月12日、18日、26日のいずれか)18ユーロ、1回券(2月28日または3月5日)15ユーロ
※14歳以下は割引あり、身長120cm以下の子どもは無料
2018年情報
開催日:1月27日(土)16:00・2月4日(日)15:00・2月11日(日)15:00・2月13日(火)17:00・2月17日(土)17:00
入場料:5回回数券(前売り[1月6日まで]30ユーロ・[1月7日から]35ユーロ)、1回券(前売り[1月6日まで]15ユーロ・[1月7日から]20ユーロ※所定の日のみ利用可)、オンラインチケット1回券(当日の購入は不可)16ユーロ、オープンチケット(開催日のうち好きな日に1回だけ利用可能)20ユーロ
※25名以上の団体・14歳以下は割引あり、身長120cm以下の子どもは無料

 

イタリアのその他の地域で開催されるカーニバル

各地域、それぞれに変わったお祭りがあります。

 

これらの地域やその近くに期間中に行かれる場合は見に行ってみると面白いかも♪

 

ピエモンテ州:「イブレアのカーニバル / Storicocarnevale di Ivrea」
開催場所:イブレア(トリノ近郊)
http://www.storicocarnevaleivrea.it/

 

プーリア州:「プティニャーノのカーニバル / Carnevale di Putignano」
開催場所:プティニャーノ(バーリ近郊)
http://www.carnevalediputignano.it/

 

シチリア州:「アチレアーレのカーニバル / Carnevale di Acireale」
開催場所:アチレアーレ(シチリア島カターニャ近郊)
http://www.carnevaleacireale.it/

 

サルデーニャ州:「マモイアーダのカーニバル / Carnevale di Mamoiada」
開催場所:マモイアーダ(サルデーニャ島中心付近)
http://sardegnainblog.it/16526/carnevale-mamoiada/

 

エミリア・ロマーニャ州:「チェントのカーニバル / Carnevale di Cento」
開催場所:チェント(ボローニャ近郊)
http://www.carnevalecento.com/

 

あわせて読みたい