サン・マルコ美術館で手作りコンサート。

      2017/07/18

サン・マルコ美術館の左隣にある、
「ピコ・デッラ・ミランドラの中庭」でコンサートをやっていました。

特にプログラムなどは掲示・配布されておらず、司会らしきおじさんが
「次は〇〇!」
と発表し、演奏者が変わったり歌手が入ったりとちょっと即興っぽいスタイル。

dsc_0777

入場無料とだけあって、どうやら地元の音楽好きな方々が集まって開催しているような感じでした。

途中、讃美歌(?)をア・カペラの合唱で歌っていて、個人的にはこれが一番良かったです。

教会横の廊下というロケーションと、曲を知らないなりになんとなく心に響く感じ。

実は、こちらの教会ではいわゆる日本でよく聞く讃美歌というものをあまり耳にしたことがなかったのです。

教派や宗派にもよるのかとは思いますが、教会によって歌うところ、歌わないところ、歌っていても聞き覚えのない歌、など実にバリエーションが豊富です。
今日聞いた歌も、聞いたことはなかったのですが、歌詞の中に「主」や「聖母」などが出て来たので、讃美歌だなとわかった感じでした。

最後におじさんが、「次が最後の曲です!!歌える人はご一緒に!オー・ソレ・ミーオ!」と言ったとたん、観客&合唱隊から「そんなの簡単だよ!」と答えが

・・・あったのですが、しょっぱなから音は出てないし、歌詞もフニャフニャしてるしサビの高音に届いてないし・・・って突っ込みどころ満載だったんですが、実に楽しそうに歌っていたイタリア人たち、さすがでした。

こちらは三大テノール競演による「O Sole Mio」、3人ともめちゃくちゃ楽しそうに歌ってます♪

壁には音楽をテーマとしたコラージュの作品も飾られていて、なかなかいい雰囲気でした。

コンサートは毎週木曜日、17時半から入場自由、退場も自由でやっていますので、見かけたらふらっと入ってみてくださいね。
演目は始まってみてのお楽しみです!笑

 

サン・マルコ教会 / Basilica di San Marco
住所:Piazza San Marco, 3隣接するサン・マルコ美術館にはベアート(フラ)・アンジェリコの「受胎告知」などのフレスコ画他、15世紀の教会絵画作品が多数展示されています。破戒僧サヴォナローラの個室もあり。

 

この記事を書いた人
フィレンツェ在住の公認観光ガイド、Azuです。
得意ジャンルは美術、街歩き、ワイン。好きな芸術家は、ブロンズィーノ。有名作品もいいけど、隠れ注目ポイントや裏話が大好き!普通のガイドブックじゃ見つからない、”ここだけの話“をお伝えします♪ 詳しいプロフィールはこちら
お問い合わせ Twitterfacebookページ

 

 - コラム ,