お気に入りレシピ:白身魚とキャベツのやさしいパスタ。

      2016/12/19

マスとキャベツの野菜ベース トルテッリーニ

Pocket
LINEで送る

先日、少々体調を崩しておりまして、あまりがっつりとお肉などが食べられなかったときの、お腹にやさしかったメニューをご紹介します。

パスタは生パスタを使うと舌触りもやわらかく、かんだり飲み込んだり消化したりするのに負担がないですが、もちろん普通の乾燥パスタで作っても美味しいです。



弱ったおなかにそっとやさしい、簡単パスタに挑戦してみよう!

料理男子のポールくん
今日は白身魚とキャベツのやさしいパスタをつくりまーす!
料理男子のポールくん
名前は特にないので私のオリジナルでーす

材料(2人分)

材料はこんな感じ!

材料はこんな感じ!

  • パスタ 150~200g お好みで!※種類は今回はマルゲリーテという、中にアスパラの入ったラヴィオリのような種類を使いました。生パスタの方がやさしいですが、乾燥パスタでもOK。ペンネなどショートパスタの方が良いです。
  • 白身魚 今回はマス1匹を使用。※スズキやタイなども良し!内臓はとっておいてください。
  • チリメンキャベツ 葉っぱ3~4枚
  • 玉ねぎ、にんじん、セロリなど
  • イタリアンパセリ 少々
  • 白ワイン コップ1杯
  • オリーブオイル 適量
  • 塩コショウ 適量
料理男子のポールくん
野菜の量や種類はお好みでドーゾ

作り方

料理男子のポールくん
まずは食材を準備しまーす
料理男子のポールくん
準備ができたら、野菜を炒めていきまーす

さて、ここからは本日の主役白身魚のマスさんの登場です!

料理男子のポールくん
大胆に一匹まるごとどーんと入れまーす
マスを投入!

マスを投入!

料理男子のポールくん
じっくり火が通るのを待ちまーす
ちょっと野菜をミックスします

ちょっと野菜をミックスします

料理男子のポールくん
火が通ったら、皮がするするっとはがれるので綺麗にはがしまーす
料理男子のポールくん
身をきちんとほぐしたら、頭や骨などの要らない部分は取りまーす
料理男子のポールくん
それからまんべんなく混ざるように全体を合わせまーす
料理男子のポールくん
これで味がいきわたるよう、少しの間火にかけておきまーす

今回は、おなかにやさしいメニューということでキャベツは湯通しします。パリパリ食感がお好みでしたら、この行程は飛ばしてくださいね。dsc_1725

料理男子のポールくん
火にかけておいたフライパンに、キャベツを加えまーす

乾燥パスタを使う場合は生パスタに比べてゆで時間が長いので、その間フライパンの火はとろ火にするか、火からいったんおろしておいてくださいね。

dsc_1730

料理男子のポールくん
ゆで時間1分前でパスタをフライパンに加え、よく混ぜながら最後の1分火を通したら完成でーす

実食!!

マスとキャベツの野菜ベース トルテッリーニ

マスとキャベツの野菜ベース マルゲリーテ

仕上げにイタリアンパセリをちょこんとのせて、ボナペティート(召し上がれ)♪

あっさりしたマスの白身と、野菜ベースの控えめな味が弱った胃袋でもするっと入ります。

もしワインを合わせるなら軽めの白ワイン、リースリングとかヴェルメンティーノといった品種がいいんじゃないでしょうか。

どちらにしても小樽熟成したものではなく、すっきりした味わいだけどフルーティーな香りがするものがいいと思います。

本日のシェフ

は恒例のポールくんでした。

paul

「昨日の試合でフィオレンティーナが勝ったので幸せでーす♪」

よかったね!

Pocket
LINEで送る

 - グルメ・レシピ , , ,