【保存版】イタリアでおいしいジェラートを食べるための秘策!【見分け方、秘訣、定番、注文方法】

   

イタリアと言えば、ピッツァ、バスタ、ティラミスにポルチーニ茸、美味しいもの天国

 

その中でも、大人から子どもまで分け隔てなく愛される存在、ジェラート!!

 

そろそろ暑くなってきたかな…と感じるやいなや、街中にはジェラートを食べながら歩く人であふれます。(イタリア人は真冬でもジェラートを食べていますが…)

 

今回は、初めての街でもハズレなく美味しいジェラートを食べるためのコツ、定番のフレーバーや注文方法などをご紹介します!



おいしいジェラテリアの見分け方

コツその1:盛り盛りジェラテリアは要注意!

街歩きをしているとこんなジェラテリアをよく見かけます。

 

gelateria turistico

 

旅好き女子ナナミちゃん
わ~っ、ジェラートー!食べた~い♡

 

でもこんな盛り盛りジェラテリアはおすすめしません!!

 

こんな感じに盛り盛りになっているところは、基本的に観光客向け

 

一気に工場で大量生産したものをお店に運び、この量ですからしばらく保つように作られています。

 

料理男子のポールくん
ジェラートは新鮮な材料が命!でーす

 

見た目は華やかで人目をひきますがいざ食べてみると…。

 

コツその2:”artigianale”に注目!

手作りジェラート

料理男子のポールくん
artigianale(アルティジャナーレ)」は「手作り」の意味でーす

 

これを掲げているジェラテリアは、コツその1の盛り盛りジェラートとは違って、自分たちの手作りですよ、とアピールしているわけです。

 

こう書いてあると、美味しいジェラートである確率はアップ⤴⤴⤴

 

おいしくジェラートを食べる3つの秘訣

1.ジェラテリア(Gelateria)で食べるべし!

Gelateria Dei Neri
ジェラートが食べられるのは、ジェラテリア・バール・チョコラテリアなど色々ありますが、やっぱりジェラテリアが美味しい!!

 

ジェラテリア(gelateria)はそのものずばり「ジェラート屋さん」の意味。

 

バールは本来の目的がカフェや軽食ですから、ジェラートを置いてあるところもありますが、美味しさはジェラテリアには劣ります。

 

バールではカフェやアペリティーボを楽しみましょう!

 

ちなみに、日本ジェラート協会によると、イタリア国内でジェラートを楽しむことができる場所としては

その数は35,000店あまりで、内15,000店がジェラートのみを販売する専門店で、残りがBAR(バール)と呼ばれる喫茶形式の店舗となります。

-日本ジェラート協会サイト「イタリアのジェラテリア」より

で、ヨーロッパにおいてもイタリアのこの数の多さは随一だそうです!

 

ちなみにVenchiなどのチョコレート屋さんでもジェラートはありますが、やはり専門店の方が美味しいと思います。

 

チョコレートの美味しさだけならもちろんそちらも美味しいけど、ジェラートには大切な舌触りや風味ジェラテリアの方が数段上。やはり秘伝のレシピは研究され尽くしているんですね!

 

2.量は欲張るべからず!

コーンとカップのサイズ
イタリアのジェラテリアでは、大体サイズが数種類用意されていますが、一番小さなサイズでも私たち日本人にしてみれば十分な量!!

 

なぜなら、カップやコーンこそ小さいもののジェラテリアの店員さんたちはたっぷりとジェラートを盛り付けてくれるから。

 

その量はこんな感じ!
たっぷりジェラート

これでも一番小さなサイズのコーンですが、しっかりたっぷり!!

 

それに、小さなサイズでもフレーバーは2種類選べます。

 

上の写真で一番大きな6ユーロのカップなどになると、いったい何個盛られてくるのか…試したことがないのでわかりません(^^;;

 

3.値段は先に確認すべし!

残念ながら、いまでも「ぼったくりジェラテリア」というのがいくつか存在します。

 

たいていの良心的なジェラテリアでは値段は掲示してあります。

 

ジェラートの相場はフィレンツェでは一番小さなサイズで2ユーロ前後(ミラノだと2.5ユーロぐらい)。

 

でも、ぼったくりジェラテリアでは、同じサイズでも5~6ユーロ。ちょっとナッツやチョコレートのデコレーションがしてあるコーンで8ユーロと言われたことがありました!

 

注文前には必ず値段を確認しましょう。

 

ウキウキと注文し終わった後に、「はい、8ユーロ」などと言われたら、ちょっと気分が悪いですよね…

 

ジェラート定番の味と注文のしかた

注文のしかた

ガイド学校の先生 カテリーナ
注文のしかたはとっても簡単♡

  1. コーンかカップサイズを選ぶ
  2. 頼みたいフレーバーを伝える
  3. お会計をする(小銭を用意してあげると親切!)

 

注文のときにお役立ちのイタリア語はこちら!

  • 2ユーロのカップをください
    Vorrei una coppetta da due euro.(ヴォッレイ ウナ コッペッタ ダ ドゥエ エウロ)
  • 小さいコーンをお願いします
    Un cono piccolo, per favore.(ウン コーノ ピッコロ, ペル ファヴォーレ)
  • いくつ味が選べますか?
    Quanti gusti posso scegliere?(クァンティ グスティ ポッソ シェッリェレ)
  • スプーンをひとつもらえますか?
    Mi dai un cucchiaino?(ミ ダイ ウン クッキアイーノ)
  • いくらですか?
    Quanto costa?(クァント コスタ)
  • どこでお金を払ったらいいですか?
    Dove si può pagare?(ドヴェ スィ プオ パガーレ)

 

その他の数字はこんな感じ。
1.5ユーロ=uno e cinquanta(ウノ エ チンクァンタ),
1.8ユーロ=uno e ottanta(ウノ エ オッタンタ),
2.5ユーロ=due e cinquanta(ドゥエ エ チンクァンタ) など

 

▶こちらの記事もご参考にどうぞ!

 

定番の味:クリーム・チョコレート系

イタリア語 読み方 内容
Stracciatella ストラッチャテッラ チョコチップ入りのミルクアイス
Nocciola ノッチョラ ヘーゼルナッツ
Pistacchio ピスタッキオ ピスタチオ
Cioccolato チョッコラート チョコレート
Cioccolato fondente チョッコラート フォンデンテ ビターチョコレート
Gianduia ジャンドゥイヤ ジャンドゥーヤチョコレート
Nutella ヌテッラ ヌテッラ(チョコスプレッド)
Caffè カッフェ コーヒー
Caffè latte カッフェ ラッテ カフェラテ
Cappuccino カップチーノ カプチーノ
Vaniglia ヴァニッリャ バニラ
Crema クレーマ カスタードクリーム
Zabaione ザバイオーネ ザバイオーネ(アルコールを加えたカスタードクリーム、北イタリアのお菓子)
Zuppa Inglese ズッパ イングレーゼ  ズッパ・イングレーゼ(リキュールやシロップをしみ込ませたスポンジケーキ)
Yogurt ヨウグゥト ヨーグルト
Fior di latte フィオール ディ ラッテ ミルク
Ricotta リコッタ リコッタチーズ
Riso リゾ お米
tiramisù ティラミス ティラミス
 Panna Cotta パンナ コッタ パンナコッタ

 

定番中の定番はもちろんですが、日本であまり見かけない「Riso(リゾ)=お米」や「Ricotta(リコッタ)=リコッタチーズ」なども意外とあっさりして美味しいですよ♡

 

定番の味:フルーツ・自然系

イタリア語 読み方 内容
Limone リモーネ レモン
Fragola フラーゴラ いちご
Melone メローネ メロン
Arancia アランチャ オレンジ
Mandarino マンダリーノ みかん
Banana バナナ バナナ
pera ペーラ 洋ナシ
Mela Verde メーラ ヴェルデ 青りんご
pesca ぺスカ
mango マンゴー マンゴー
Ananas アナナス パイナップル
Kiwi キウィ キウィ
Amarena アマレーナ さくらんぼ
Cocco コッコ ココナッツ
Menta メンタ ミント
Frutti di Bosco フルッティ ディ ボスコ ベリー系の総称
Lampone ランポーネ ラズベリー
Macedonia マチェドニア フルーツカクテル
fichidindia フィーキ ディ インディア インドのいちじく(サボテンの一種がつける実)
cachi カーキ
cannella カンネッラ シナモン
Miele ミエーレ はちみつ
Liquirizia リクイリツィア  リコリス

 

「ジェラートフェスティバル」でお気に入りを探せ!

ジェラートフェスティバル

 

イタリアでは毎年、4月~6月頃に、「ジェラートフェスティバル」が開かれます。

 

2010年から始まったこのイベントは、イタリアジェラート界で最も重要なイベント!!

 

イタリア内外からいずれ劣らぬジェラテリアが、ご自慢の手作りジェラートをひっさげて参戦!

 

お客さんたちと審査員は気に入ったジェラートに投票し、それぞれのステージで優勝者が決定するというもの。

 

2017年はフィレンツェ、ローマ、トリノ、ミラノのイタリア国内4都市を始め、全ヨーロッパで7都市で開催され、9月に再びフィレンツェでファイナルが開かれます!!

 

ちなみに各都市のスケジュールはこちら。

フィレンツェ Piazzale Michlengelo 4月21日(金)~25日(火) 14:00-22:00
ローマ Terrazza del Pincio 4月29日(土)~5月1日(月) 14:00-22:00
トリノ Piazza Solferino 5月25日(木)~28日(日) 15:00-23:00
ミラノ Piazza Castello 6月1日(木)~4日(日) 木 16:00~23:00

金-日 15:00~23:00

ロンドン Old Spitalfields Market 6月16日(金)~18日(日) 金 12:00~19:00

土日 11:00~19:00

ワルシャワ Piazza presso il Torwar 7月22日(土)~25日(火) 12:00~20:00
ハンブルク Spielbudenplatz 7月28日(金)~30日(日) 14:00-22:00
(ファイナル)
フィレンツェ
ミケランジェロ広場 9月14日(木)~17日(日) 木~土14:00-22:00

日 12:00~20:00

 

詳細は公式サイト「Gelato Festival」にて!

次の記事はこちら!
>>フィレンツェはジェラート発祥の街!おすすめジェラテリアをはしごしよう♡(予定)

 

この記事を書いた人
フィレンツェ在住の公認観光ガイド、Azuです。
得意ジャンルは美術、街歩き、ワイン。好きな芸術家は、ブロンズィーノ。有名作品もいいけど、隠れ注目ポイントや裏話が大好き!普通のガイドブックじゃ見つからない、”ここだけの話“をお伝えします♪ 詳しいプロフィールはこちら
お問い合わせ TwitterfacebookページInstagram

 

 - グルメ・レシピ , , , , ,